伊勢丹

伊勢丹の歴史


 

 

 

[はじまり]

江戸時代末期の1859年に現在の神奈川にあたる地域で

農民の子供として誕生した小菅丹治という人物が

明治時代中期に神田エリアにおいて

「伊勢屋丹治呉服店」という小さな呉服店を開業したのがはじまり。

 

大正時末期の1924年にはこの地域で大震災が起こったのち、

呉服店から幅広い商品を売る百貨店へと進化し、

昭和時代初期の1930年には株式会社伊勢丹を創業した。

 

 

 

[新宿に本店をオープン]

会社を設立したのち、1933年には新宿に大きな本店をオープンした。

 

第二次世界大戦終結直後の1947年には東京の西部に立川店を開業。

1960年代に高度経済成長期を経て1970年代からは海外にも進出する。

 

また、国内では東京を拠点にしつつ周辺エリアにも店舗網を拡大していった。

 

 

その後、「ファッションの伊勢丹」と称されるほど

ファッション関連商品に強い百店へと発展。

 

 

2000年代に入ってからライバルの三越と経営統合。

江戸時代前期に創業した三越と比べると

約200年の歴史の差がある。

 

呉服店から百貨店に進化したという点は三越と共通。

 

 

 

 

 

 

伊勢屋丹治という店名の由来


 

 

小菅丹治が創業した

伊勢丹の源流となっている

伊勢屋丹治という呉服店という店名の中の

「伊勢屋」

に関しては、三越伊勢丹HPでも正確な事が書かれていません。

(丹治は三重の伊勢出身ではない)

 

いくつかの説があるようですが、

今のところ、丹治の養家である"伊勢又"が由来、

という事になっているようです。