(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

ツイッギー(Twiggy Lawson)

 
1960年代における世界最高峰のモデル。
 
参考文献
Twiggy Lawson各公式メディア
models.com
https://models.com/models/twiggy-lawson
Models.1公式サイト
https://www.models1.co.uk/women/classic/454-twiggy-lawson/
 


 

まだ生きているの?

現在(2021年時点)も精力的に活動

生年月日

1949年9月19日生まれ

身長

5フィート6インチ(約167cm)

国籍/出身

英国

本名

レスリー・ホーンビー(Lesley Hornby)

肩書き

モデル/歌手/女優/デザイナー

日本での異名

ミニスカートの女王

 
顔写真

 
 

初期キャリア(モデル時代)

 
英国の首都・ロンドン出身。
 
女子学校を卒業したのち。1960年代半ばに英国内でモデルとしてデビュー。
ちょうど当時、英国人デザイナーのマリー・クワントによって
開発されたミニスカートという膝上丈スカートを見事に履きこなし、
アメリカンVOGUEのにダイアナ・ヴリーランド編集長からも注目され、
アメリカにおいてもスターモデルに。
 
18歳であった1967年秋に来日した際は
日本でもその一部始終が大きく報道され、日本でも一世を風靡した。
そして、彼女の影響で当時の日本においては若い女性達の間でミニスカートが大流行。
彼女の存在により、ミニスカートという商品は日本でも完全に一般化した。
 
なお、170cm未満と決して高くない身長の人物で、
パリコレなどでショーモデルとして大活躍していたタイプのモデルではない。
 
 

1970年代からは女優として活躍

 
20代を迎えた19710年代からは女優としての活動が目立っていき、
数多くの映画やミュージカル―に出演。
 
私生活では30代後半を迎えた1977年にアメリカ人俳優の
マイケル・ホイットニー(Michael Whitney)と結婚し、
翌1978年には息子のカーリー(Carly)が誕生。
 
結婚・出産をきっかけとして引退する事はなく、
1980年代から1990年代にかけても引き続き、女優として国際的に活躍。
(夫のマイケルはアルコール依存症により、息子が小さい頃に亡くなった)
 
なお、アメリカ・アカデミー賞受賞歴こそないものの、
ゴールデングローブ賞を2度受賞。
 
 

現在/近年のツイッギー

 
2018年にはファッションアイコンとしての長年の功績が認められ、
英国政府より「デイム爵位」を受勲し、
Dame Twiggy Lawson DBEという名前に。
 
2019年には70歳を迎えたツイッギーながら、
若さ溢れるルックスをいかし、現在もTwiggy Lawsonという名前にて
現役バリバリで活躍しており、幅広い年齢層のモデルが所属するModels1というロンドンの大手モデル事務所にも所属。
 
各SNSアカウントでも現在の活動状況を報告している。
 
 
ツイッギー公式ツイッター
https://twitter.com/Twiggy
ツイッギー公式インスタグラム
https://www.instagram.com/twiggylawson/
 
 


 
 
関連人物
ダイアナ・ヴリーランド・・・・・ツイッギーを発掘したとされる人物
 
 
 
 

 

 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 
 
 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る