丸井(マルイ)

丸井の歴史


 

 

 

国内最大級のファッションビル企業・丸井の歴史情報。

 

創業者は青井忠治(あおい・ちゅうじ)という人物。

1904年(明治37年)に富山県で誕生した忠治は、

富山県の学校を出てから上京し、

丸二商会

という月賦販売系の会社にて働きだした。

 

その後、昭和初期に独立して店を作る事になった際、

丸二商会からののれん分けで東京・中野に店を開業。

 

しかし数年経って屋号を改める事を決め、

1935年(昭和10年)に「丸井」と改称。

その2年後には株式会社丸井が発足。

 

なお、古巣の丸二商会同様に月賦販売を行ってきたのが特徴で、

創業当時はまず、高級で庶民が一括払いしづらかった家具の月賦販売で名を馳せる。

 

1960年には月賦という古い呼称をやめて"クレジット"という呼称に変え、

同年春に日本初のクレジットカードを発行した。

その後、

  • 小売業
  • クレジットカード事業

の2本柱で、とんどん成長していく。

 

 

1963年には株式公開を果たし、東証2部に上場。

(2年後には2部から1部に昇格)

 

 

 

 

[2代目社長時代(キャッシング事業も開始)]

1972年には創業者の忠治が社長の座から退き、

青井忠雄が2代目社長に就任。

 

1975年、創業者の忠治が死去。

 

 

1981年には消費者金融事業もスタートし、

余りまとまったお金がない若者達から大きな注目を浴びる。

またファッションビル事業においても

より明確に「若者」をターゲットとするようになった。

 

 

 

 

 

 

[3代目社長時代]

2005年には2代目社長の忠雄が退き、

青井浩氏

が3代目社長に就任。

 

若い感覚を持つ3代目社長は

通販事業の「マルイウェブチャネル」をスタートしたり

時代にあった戦略を次々にとっていき、会社はさらなる成長を遂げた。

 

 

 

 

 

 

丸井(マルイ)という屋号の由来


 

 

丸井という屋号のうち、

丸に関しては創業者の古巣である丸二商会の頭文字。

それに創業者・青井忠治の4文字の漢字の中の

井という漢字をとって「丸井」となった。

 

なお、近年は漢字表記ではなくカタカナ表記の店が多い。