LVMH Prize

 

 

ルイヴィトンを柱とする

巨大なファッション・コングロマリット

「LVMH」グループが主催する若手デザイナー向けのコンクール。

 

2014年にスタートしたばかりながら、

世界的なデザイナーが審査員を務めている事もあり、

  • インターナショナル・ウールマークプライズ(1953年創設)
  • ANDAM FASHIION AWARD PARIS(1989年創設)

といった既存の若手デザイナー賞と

並ぶほどの重要な存在となっている。

 

 

ファイナリストに選出された人達や

大賞受賞者は次々にパリコレクションなどの

世界的ファッションショーにデビューしており、

賞に対する注目度は右肩上がりの状況。

 

2018年には、

doubletというブランドのデザイナーである

井野将之さん(東京モード学園出身)

が大賞を受賞したことがある。