スタイルブック

 

 

21世紀に入ってからは意味合いがあいまいになってきている語句。

 

 

スタイルブックのもともとの意味


 

 

 

スタイルブック(stylebook)とは、

昭和時代から日本でよく使われてきた専門用語。

 

もともとの意味合いは、

「洋服の型(デザイン)を写真や図で紹介している書籍」

といったような意味合い。

 

 

関連する雑誌としては、

世界的な服飾専門学校・文化服装学院の出版部門である

文化出版局が定期発行している

「ミセスのスタイルブック」

という雑誌があり。

 

なお、この雑誌には

衣料品の実物大パターン

が毎号付録としてついてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの「スタイルブックの意味合い」

 

 

2010年代に入ってから、

スタイルブックには本来の意味合いとは

少し異なる意味合いのあるものとしても認知されてきている。

 

 

具体的には、

「女性モデルの(男性ではなく)女性をターゲットにしたファッション本」

のようなものを"スタイルブック"と自称している例もあり。

 

 

こういったスタイルブックは、

  • エッセイ(orインタビュー)と写真集の中間的
  • カリスマモデルのコーディネート紹介/提案が掲載されている
  • カリスマモデルの私物が紹介されている
  • 男性向けではないためメイク情報もあり

 

こういった特徴があり。

「そのモデル情報100%の単発雑誌」といった側面もあり。

実物大パターンが付録として付いてくるようなものは見当たらない

 

 

 

[補足]

出版不況の中、男性もターゲットにして水着ページなどを設けているモデル本もあり。