三越(百貨店)

三越という店/会社の歴史


 

 

三越伊勢丹グループの一角を担う百貨店。

 

発祥は江戸時代前期の1673年。

さか三重の阪で商業や金融業として成功した

三井高利(1622年生/通称:八郎兵衛)という人物が

「越後屋」という屋号の呉服店を開業。

薄利多売の手法により、店はどんどん発展していった。

また、政府との関係も深まっていく。

 

 

その後、明治時代前期には創業家の名前をとって

「三井呉服店」

に改称した。

 

さらに明治時代後期の1904年には、

創業家の苗字と、創業期の店名から頭文字をとって「三越呉服店」となり、

株式会社三越呉服店という会社を設立。

この時期から"デパートメントストア(=百貨店)"を自称するようになる。

(三越呉服店は日本初の百貨店)

 

 

1928年には株式会社三越呉服店から

株式会社三越へと会社名を改称。

 

1930年代からは全国各地に進出していき、

高島屋やのちに経営統合する伊勢丹と共に国内有数の百貨店チェーンへと発展。

 

1970年代からは海外進出もスタートさせた。

 

 

 

 

 

 

三越という店名の由来


 

 

上記の通り、

  • 三井(創業家の苗字)
  • 越後屋(創業した時点での店名)

の頭文字をとったもの。

 

 

 

三井高利/三越と三井財閥


 

 

17世紀に一代で事業を飛躍的に拡大させた三越の生みの親・三井高利。

 

巨万の富を築きあげ、政府との関係も築いて

1693年に亡くなった。

 

生前には名前(ファーストネーム)の最初に

「高」

がつくたくさんの子供を作っていき、

孫の世代以降にも「高」という名前がついた子孫が次々に誕生。

 

江戸時代後期からは三井家は幅広い分野に進出していき、

明治時代初期には

  • 三井物産(のちの大手商社)
  • 三井銀行

 

さらに炭鉱業などにも進出していき、

三井財閥が形成されていった。