そごう(セブン&アイ)

「そごう」の由来


 

 

この店も他の百貨店同様に呉服店を起源とする。

そして、創業者を苗字からとった「十合呉服店」が由来。

 

 

 

そごうの歴史


 

 

セブンイレブンとイトーヨーカドーなどと同様に、

セブン&アイグループ傘下に属する百貨店。

 

 

歴史をさかのぼると、

十合伊兵衛(そごう・いへい)という人物が、

江戸時代末期の1830年に大和屋という店を、

現在の大阪市中央区にあたる地域で創業したのが始まり。

 

その後、心斎橋エリアに移転した際に

商号を「十合呉服店」と改称した。

 

大正時代に入ると1919年に法人化し、

株式会社十合呉服店が設立される。

この時期から百貨店事業に進出していき、

1940年には(株)十合へと社名を変更。

 

 

第二次大戦後は店舗網をどんどん拡大していき、

高島屋・三越・伊勢丹などと並ぶ全国有数のチェーンにまで成長。

 

 

しかしバブル崩壊後に経営が傾き、

2000年7月に民事再生法の適用を申請。

 

その後、西武百貨店と業務提携し、

2003年には西武と経営統合して

ミレニアムリテイリングという共同持ち株会社を設立。

 

 

2006年にはミレニアムリテイリングがセブン&アイグループ入りし、

持ち株会社の名称が

株式会社そごう・西武

に改称される。

 

 

なお、

  • 西武百貨店との経営統合
  • セブン&アイグループ入り

という大きな出来事が起きてからも

「そごう」

ブランドは継続され続けている。