カリスマ店員


 

 

 

この語句にはおおまかに分けて2つの意味合いがあり。

 

 

 

<その1>

日本のアパレル業界では1999年から2000年頃に

カリスマ店員ブームというものが起きた。

 

そのブームの中にいて、ギャル系雑誌などに

"カリスマ店員"として取り上げられていた人物の事を指す。

 

具体的には渋谷109で働いていた森本容子さんという人物などが代表格。

当時の人気ぶりは凄く、有名なカリスマ店員を生で見るために

大量の見物客が店の前に押し寄せていた時期もあったとされる。

 

 

 

<その2>

カリスマ店員ブームや時代は一切なく、

卓越した販売能力をもち、店の売上に大きく貢献している店員のことも、

時代を超えて「カリスマ店員」と呼ばれてきた。