digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

デミ・クチュール(Demi-Couture)

 
 
デミ・クチュールのDemiとは、フランス語で"ハーフ/中間"という意味
 
その意味合いに連動し、
わかりづらい「デミ・クチュール」という用語とは、
基本的には大量生産ビジネスのプレタポルテ(既製服)にカテゴライズされるものなから、
相反する1点ものビジネス・オートクチュール(仕立服)の側面をもった
プレタポルテとオートクチュールの中間的な作風/商品の事。
 
幾つかの世界的ブランドが展開する「デミクチュールライン」とは、
プレタとオートクチュールの中間的なラインの事を指す。
 
 
 

デミクチュールラインを展開する(していた)主な世界的ブランド

 
 

  • Vionnet・・・・・・バイアスの女王と言われたマドレーヌ・ヴィオネのブランド
  • オスカー・デラレンタ
  • Harris Reed

 
 
何をもって"デミクチュール"と称するかについて、明確な定義はない状況。
"オーダーメイド要素のあるプレタ"をデミクチュールと呼んでいる例もあれば、
"通常の既製服のクオリティを超えた最高級プレタポルテ"をデミクチュールと呼んでいる場合もあり。
 
 
 

 

 
 

 

 

 


 
一般的な用語(雑誌/トレンドetc)

 
 
 
 


 
ハイファッション系

 
 
 


 
人物/会社関連

 
 


 
業界誌系/業界用語

 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 


 
digital-zasshi.jpトップページに戻る