竹の子族

 

 

1970年代末から1980年代初頭の時期に、

どんどん賑わいを見せるようになっていった東京・原宿駅付近の

歩行者天国ゾーン(代々木公園エリア内)に集まり、とびきり派手な服(衣装)に身を包み、

ラジカセの音楽をバックに集団で踊っていた人達の事。

 

 

1978年に原宿エリアにオープンした「ブティック竹の子」

という派手な衣料を販売する店の名前が、竹の子族という呼称の由来。

 

 

衣装の特徴は、サテン地でキラキラしている事や、カラフルである事など。

ディスコファッションに近い雰囲気。