(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

鈴木弘之(Hiroyuki Suzuki)

 
参考文献
京都芸術工芸大学公式サイト
https://www.kyobi.ac.jp/contents/information/10476/
 


 
 

1970年代から1990年代(アスリートを経て妻のサポートに尽力)

 
 
若い頃は第一生命保険の実業団チームで、
社員として働きながらサッカー選手として活躍。
 
1974年、東京でデザイナーとして成功をおさめていた
8歳年上のコシノジュンコ(1939年生)と恵比寿の自動車教習所にて出会う。
(つまり、弘之氏は1940年代後半生まれ)
 
その頃にはアスリート生活を終えて第一生命保険も退職し、
ヘアデザイナーに転身して国際的に活動する道を模索していた。
 
そして、VANの石津謙介など様々な業界人のツテでパリ行きが決まっていたが、
その頃、ビジネスが不調に陥ったコシノジュンコを
経営面で手助けする事になり、パリでの修行の話を断念。
 
1975年初頭にはジュンコと結婚し、
1970年代半ばの時期はコシノジュンコと二人三脚で、まず国内で結果を出す事に努めた。
なお、弘之氏はイケメンであるだけでなく人柄も良い人物で、
ジュンコ氏の母・アヤコさんにも彼を気にいっていたため、
かなり年の差はあるものの2人の結婚の話には大賛成だった事を本の中で語っている。
 
 
国内でビジネスを大成功したのち、
コシノジュンコは1978年に高田賢三から5年遅れてパリコレに挑戦する事を決意し、
弘之氏は引き続き彼女のビジネスをサポート。
 
1980年、二人の間に長男・順之が誕生。
 
以降、子育てをしながらJUNKO KOSHINO社において
経営分野・ショーの企画など多岐にわたって活躍。
 
 

2000年代以降(写真家としても活動)

 
妻のライバルである高田賢三が1999年にパリコレから引退したのち、
2000年には妻のジュンコもパリコレから引退。
 
妻が国際的デザイナーとして第一線から引退したのち、
2006年からはジュンココシノ社の代表を務める傍ら、
写真家としての活動を本格化。
 
近年では2014年にグランドハイアット東京にて「The Next Level」、
2018年には京都芸術工芸大学で「武士のうつろひ」という写真展を開催。
 
2014年の「The Next Level」に関しては、
オープニングレセプションに当時のファーストレディである
安倍昭恵さんが参加してスピーチを行った事がニュースとなった。
 
 
2022年3月、日テレ系「人生が変わる1分間の深イイ話」で
妻のコシノジュンコが自宅密着取材を受けた際、
滅多にテレビに登場しない弘之氏ながら、この密着企画に登場。
 
 
 

 
 


 
関連人物

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る