(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

山口小夜子(Sayoko Yamaguchi)

 
参考文献
氷の花火公式サイト
http://yamaguchisayoko.com/
 
 


 

初期キャリア

 
1949年9月19日生まれ。
横浜市に海に近いエリアの出身。
 
高校卒業後に東京の服飾専門学校入りし、
もともとはデザイナーを目指していたが、
高い身長と容姿/プロポーションの良さをいかし
校内で仮縫いモデルとして活動するようになり、方向転換。
 
専門学校を卒業して1971年にモデルデビューを果たしたが
当時の日本の業界では金髪の身長180cn前後の西洋人モデルの需要しかないような状態で、黒髪で身長165cm程度の彼女には仕事が来ず、しばらくは不遇の時代が続く。
 
 

1972年から1985年までのパリコレモデル時代

 
モデル業をやめる事も考えた小夜子ながら
のちにパートナーとして強固なタッグを組む事となる山本寛斎との出会いにより、状況が好転。
様々な仕事が次々に舞い込むようになる。
 
そして、国内で開催される海外デザイナーの来日ショーなどで活躍したのち、
1972年にはオートクチュール部門でパリコレにデビュー。
 
国内では1973年に資生堂とのCM契約がスタート。
 
翌1973年に三宅一生と高田賢三、
1974年に山本寛斎がパリコレにデビューすると、
上記の日本人デザイナーのショーにてミューズとして活躍。
特に山本寛斎の仕事にはモデルとして出演するだけでなく、裏方分野に至るまで深く携わった。
 
新人時代にはアメリカのニューズウィーク誌で
「世界の4人の新しいトップモデル」の一人に選出。
 
1980年前後の時期からは日本人デザイナーだけでなく

  • イヴ・サンローラン
  • ティエリー・ミュグレー
  • クロード・モンタナ
  • ジャンポール・ゴルチエ

など海外の世界的デザイナーのショーにもたくさん出演し、
世界指折りのスーパーモデルの1人へと昇りつめた。
 
 
 

1986年以降から死去まで

 
 
1985年にパリコレの世界から引退、
1986年には13年続いた資生堂との契約も終了。
 
そして1980年代以降は国内でモデルとしてだけでなく
女優・デザイナー業など幅広く活動するようになった。
 
 
21世紀に入るとさらに活動のフィールドを広げ、
晩年は若い人達とのクラブ(旧ディスコ)での交流も盛んに行った。
 
1999年に50歳を迎えてからも
モデルとしても2000年代半ばまで現役バリバリで活躍していたが、
2007年に急性肺炎で死去。
 
57年の生涯を終えた。
 
 
 

死後、より影響力が高まる

 
 
2007年に亡くなったあとテレビで小夜子特集が組まれたり
2015年に伝記映画「氷の花火」が公開されるなど
死去後に更なる脚光を浴び、より影響力を強める。
 
 
 

関連映像

 
 
『氷の花火 山口小夜子』予告編

 
 
 
 


 
関連人物

  • 富川栄・・・・・小夜子と共に独特な切れ長メイクを作り上げた人物

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る