(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

ベイビー・マリー(Baby Mary)

 
参考文献
Faline Tokyo公式サイト
 


 

肩書き

セレクトショップオーナー

性別

女性

生年月日

非公開

出身地

非公開

 
 
顔写真(名古屋パルコ公式ツイッターより)

 
 

初期キャリア(名古屋時代)

 
大学生活を経て名古屋にて美容師としてキャリアをスタート。
その店のオーナーが西洋食器の販売を持ち出して輸入食器店をオープンした中、
食器の買い付けでヨーロッパに飛ぶようになる。
 
その後、20代後半だった1990年代半ば、
名古屋の緑区にFalineというレディース衣料品店をオープン。
世界的なパンクブランド「Vivienne Westwood」の取扱いをスタート。
そのヴィヴィアン・ウエストウッドかメンズラインを本格スタートさせると、
近隣にBambiというメンズ衣料品店も立ち上げた。
(詳しい時期は不明ながら、さらに名古屋・栄地区にBaby Falineという店もオープン)
 
 


 
 

2004年に東京進出/不思議なキャラクター・服装に注目が余る

 
2004年のバレンタインデーには
Faline Tokyoを東京・原宿エリアにオープンし、
名古屋を拠点としてきたベイビー・マリー氏は東京進出を果たす。
 
当時の原宿"Kawaii"ファッションブームの中で高い人気を獲得し、
そのショップの名物カリスマオーナーとして、
不思議なキャラクター・服装の謎の女性オーナー・Baby Mary氏にも
国内外から高い注目を集まるようになった。
さらに店は日本のKawaii文化をこよなく愛するケイティ・ペリーなどの世界的スターにも愛される存在へと成長。
 
ハイファッション業界からの様々なオファーが届く中、
2011年にはVOGUE JAPAN公式サイト内にてブログを開設。
 


 
2015年に「Miss Faline」をオープン。
 
2015年末には東京・北青山エリアに
若い女性層だけでなく10代半ばから60歳くらいまで
幅広い女性層をターゲットとした
「ミス・ファリーン(Miss Faline)」という新たなセレクトショップをオープン。
 
一方で若い女の子向けのFaline Tokyoに関しては2021年初頭、
オンラインショップを残して実店舗は閉店。
 
 

 
 
 


 
 
関連映像

 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る