(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

水野利八(Rihachi Mizuno)

 
参考文献
MIZUNO公式サイトの歴史情報
 


 

ふりがな/読み方

みずの・りはち

生年月日

1984年5月生まれ

出身地

岐阜県

創業事業

野球商品事業

関連人物との続柄

水野健次郎(2代目社長)=息子・・・・・・1969年社長就任

水野正人(3代目社長/1943年生まれ)=孫・・・・1988年から2006年の社長/2006年からは会長

水野明人(4代目社長/1949年生まれ)=孫・・・・2006年社長就任

 
 

明治時代

 
明治17年(1884年)春に岐阜県南西部エリアで誕生(滋賀に近い場所)。
 
苦労した10代前半・半ばを乗り越えたのち、
19歳の頃に日本対アメリカの試合を見て野球の魅力を知る。
そして、20代前半であった明治39年(1906年)に弟の利三と共にMIZUNOの前身となる
「水野兄弟商会」を大阪市北区で開業。
野球ボールなどを販売をスタートさせるなど、
まずは自身が好きなスポーツである野球事業から事業を発展させる
翌明治40年(1907年)からはオーダーメイドの運動服事業も開始。
 
明治43年(1910年)、店を梅田新道に移転すると共に
「水野兄弟商会」という商号を「美津濃商店」へと変更。
 
夏に明治天皇が亡くなり、明治を大正またぐ形となった
1912年には設立8年で東京に進出。
 
 


 

大正時代(1912-)

 
大正2年(1913年)、野球用グローブやボールの製造をスタートし、
翌年には大型工場を設置して本格的にスポーツ関連商品の製造をはじめた。
 
1920年代に入ると、ゴルフ・スキーなどの事業にも進出し、
野球用品だけの会社ではなくなった。
 
 


 
 

昭和時代(1926-1970年)

 
昭和2年(1927年)、大坂の淀屋橋エリアに新本社が完成。
 
昭和4年(1929年)、欧米視察に出かけた。
 
 
昭和17年(1942年)、
「美津濃商店」から「美津濃株式会社」へと商号を変更。
 
戦後の昭和30年(1955年)、
野球好きの水野利八は長年に功績を高く評価されて
全国高等学校野球連盟から功労賞を授与。
さらに翌昭和31年(1956年)には国から「藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を授章するまでになる。
 
 
昭和37年(1962年)、美津濃株式会社を東証2部上場へと導く。
 
昭和44年(1969年)、息子の水野健次郎氏に社長職を譲り、自らは会長に退く
 
昭和45年(1970年)春、75歳で死去。
翌1971年には野球殿堂入りした。
 
 
その後、美津濃株式会社は1972年に東証一部に昇格。
そして、後継者の息子や孫によって世界的なスポーツメーカーへと成長していった。
 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る