(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

伊東絹子(Kinuko Ito)

 
参考文献
映画.com
https://eiga.com/movie/71582/
 


 

 
 
1932年(昭和7年)生まれ、
 
身長164cm
 
まだ日本にファッションモデルという職業が定着していなかった時期に
モデルとしての活動をスタートし、
1953年にはファッション・モデル・グループ(FMG)を立ち上げる。
 
その年にはミス・ユニバースの日本代表に選出されたのち、
夏にアメリカで開催された第2回ミス・ユニバースにて
見事第3位に入賞し、日本でも大きな注目を集めた。
 
164cmという今でこそ高い高い身長とは言えないものの
当時の日本人女性の中ではかなり高いレベルであったほか、
脚が西洋人並みに長くて全体的なプロポーションが絶妙だった彼女は
「8頭身美女」というはやり言葉の源となった。
 
1954年からは女優業へと活動の幅を広げ、
市川崑監督作品の「わたしの凡てを」で映画デビュー。
 
 
日本のファッションモデル界の第一人者と称される。
 
 

 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る