(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

石岡瑛子(Eiko Ishioka)

 
参考文献
著書の公式プロフィール情報
 
 

ふりがな

いしおか・えいこ

性別

女性

出身地

東京都

生年月日

1938年生まれ

没年

2012年

出身校/学歴

東京藝術大学

 
 
顔写真

 
 
 

国内時代

 
昭和13年に東京で誕生した女性。
 
1961年(昭和36年)に東京藝術大学を卒業すると、
日本の資料品メーカー「資生堂」に入社。
 
同社の宣伝部で活躍したのち1970年に独立。
(資生堂時代は前田美波里をスターダムにのし上げた)
 
独立後は国内でフリーの広告プロデューサー的なポジションで活躍し始め、
角川書店やパルコの広告などが高い評価を受ける。
その他、ファッションショーの演出なども手がけた。
 
 
 

アメリカに拠点を移して大活躍

 
1980年代に入るとアメリカのニューヨークに拠点を移してグローバルな活動を展開するようになり、
映画や音楽のアートワークス・衣装ワークの分野で活動。
 
 
そんな中、ジャズの巨匠であるマイルス・デイビスのCDジャケットデザインにてグラミー賞のアートワーク系部門賞を1987年に受賞したほか、
1990年代に入ると映画「ドラキュラ」を通じて
アカデミー賞の衣装デザイン系部門賞を受賞するまでになった。
 
 
 

2012年に死去

 
2002年、長年の功績が認められて国から「紫綬褒章」を与えられる。
 
2005年、講談社から「私 デザイン」という本を発表。
 
2008年には北京で行われた、チャン・イーモウ氏が演出の
北京オリンピック開会式にて衣装デザインのトップを務めるなど、
70代に入ってからも活躍していたが、
2012年1月にすい臓がんによって73歳で死去。
 
死後も偉大な石岡氏し決して世間から忘れられる事なくリスペクトされ続け、
2020年11月からは東京都現代美術館で
「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展が開催され、たくさんの人が詰めかけた。
 
 
 
「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展ハイライト映像(約20分)

 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る