(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

YUKI(ユウキ)

 
参考文献
RMK各公式公開資料
 


 
 

YUKIさんのプロフィール

 
顔写真

 
 
 

性別

男性

生年月日

非公開

肩書き

ヘアメイクアップアーティスト

役職

RMKクリエイティブ・ディレクター(3代目)

 
 

国内時代

 
子供の頃から絵を描くのが好きで、
大人になったらクリエイティブな仕事に就く事を夢見る。
 
そして、高校を卒業したのち
東京でまず美容師としてキャリアをスタート。
 
美容師当時はメイクという領域を苦手としてが、
サロンのオーナーの仕事を手伝う形でメイクの世界に足を踏み入れる。
 
サロンに置いてあった「VOGUEイタリア」などの媒体を
インスピレーションソースとして仕事をする中で
次第にメイクの仕事に惹かれていき、
ヘアメインとしつつも、メイクの技術も向上させていく。
 
 

2011年に渡米

 
国内でキャリアを積んだのち、
メイクの勉強をするため、20代だった2011年に渡米。
(日本ではヘアの仕事がメインだったため、帰国したのちヘアとメイクの技術/経験に関するバランスをとるため)
 
 
渡米直後、運良く世界的なメイクアップアーティスト、
パット・マクグラスのもとでインターン(研修生)として働く機会を得る。
 
圧倒的な実力をもつYUKI氏はわずか半年という短期間で
パット・マクグラス(Pat McGrath)のメイクチームの一員に昇格。
 
もともとNYには3年くらいしか滞在するつもりはなかったが、
リーディングアーティストに就任した中、5年に渡ってチームに在籍。
 
その間、パット・マクグラスのもとで
ビッグメゾンのショーなどに関する大きな仕事をたくさん経験。
そして、仕事の中で偉大なパット・マクグラスから様々な技術を学んだ。
 
 
 

2021年にRMKの3代目ディレクターに就任

 
 
独立後も日本に帰国するなくNYで活動したが、
2020年には新型コロナのパンデミックにより日本に一時帰国。
 
しばらく日本生活を続けてきた中、
2021年に世界的日本人メイクアップアーティストの先駆けである
RUMIKO氏が立ち上げた世界的コスメブランド「RMK」において
創業者から仕事を引き継いだ2代目のKAORI氏が退任した中、
「RMK」の3代目クリエイティブ・ディレクターに指名される。
 
RMKにとって初の男性ディレクターだった事もあり、
このニュースは国内各メディアで大きく報道された。
 
就任後、ストリート文化をバックグラウンドにもつ彼は、
独特な作風を武器にブランドに新風を吹きこみ、大活躍。
 
 

 
 

YUKIさんの関連映像

 
 
RMK Official Channel
Interview with RMK Creative Director YUKI

 
 
 
 


 
関連人物

 
 
 
 

 

 

 
 
服飾/美容系業界人メニュー
 
[各分野の業界人]

 
 
[社長/経営者系]

 
 
 
サイト内検索窓↓
(飛びたいページに即飛べます)

 
業界人必読(無料サンプル号あり)


Fujisan.co.jp:WWD JAPAN

 


 

digital-zasshi.jpトップページに戻る