(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

加藤和考(Kazutaka Katoh)

 
参考文献
Kazutaka Katoh公式サイト
 
 


 

ふりがな

かとう・かずたか

生年月日

1943年10月3日生まれ

出身地

岐阜県

参加コレクション

東京コレクション

 
 

初期キャリア

 
 
昭和18年に岐阜にて誕生した男性。
 
画家を目指して上京したが路線変更し、
専門学校に通う事なく独学にて服作りを学びだす。
縫製工場勤務経験を経て自身のアトリエを設立してオーダーメイドの仕事で活躍。
 
その後、菊池武夫氏などが設立した株式会社BIGIに入社し、
1971年からBIGI社メンズ部門のスタッフとして活躍。
 
1975年にBIGI社を退社すると渡仏し、
現地にてMONIKA社の所属デザイナーとして活動。
 
1976年に帰国し、有限会社TETEを設立。
 
 

1981年にテットオム社を設立

 
 
有限会社から発展して1981年には株式会社TETE HOMMEを設立。
そして、1982年から旧東京コレクションに参加し始め、
 
1985年に東京コレクションの新たな運営組織である
CFD TOKYO(Coincil of Fashion Designers,TOKYO)が発足すると
その組織の正会員となり、「テット・オム」ブランドを通じて
新東京コレクションに公式参加。
1980年代を通じて川久保玲・山本耀司・小西良幸などと共に
同コレクションに中心的なデザイナーの1人として活躍。
 
1986年にテットオム社から

  • GARNIER
  • K・cimaise

という新ブランドが発表されると、
東京コレクションにおいてテットオムに加えて新ブランドの作品も加えたショーを開催。
 
 
 

1990年代以降

 
 
1990年代には自身の名を冠した
「KAZUTAKA KATOH」というメンズブランドにて東京コレクション参加。
 
一方、1990年代半ばあたりからは部下にどんどん仕事を任せるようになっていき、
1998年にはテットオム社所属の若手デザイナー、
森下公則氏(1964年生まれ)に「TETE HOMME」ブランドのチーフデザイナー職を託した。
 
その後、TETE HOMMEは2000年代に丸井系トップブランドの座に君臨。
 
なお、森下氏はテットオム社のブランドとして
2002年から"kominori morishita"を立ち上げ、東京コレクションに参加。
同ブランドは2007年にパリコレ進出を果たし、
加藤氏はデザイナーとしてではないものの、
経営者としてパリコレにデビューした。
 
 

現在の活動

 
部下の森下氏はその後、独立し、
「08circus」という新たなブランドのデザイナーとして国際的に活躍。
 
一方、創業者の加藤氏は継続して「KAZUTAKA KATOH」の仕事などを担当。
 
 
 


 
関連人物

  • 森下公則・・・・・・テットオムの2代目デザイナー
  • 菊池武夫・・・・・BIGI創業者
  • 稲葉賀恵・・・・・BIGI共同創業者&菊池氏の最初の妻

 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[国内系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]