(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌/ファッションWEBメディア関連メニュー]

 

 

オオスミタケシ(Takeshi Osumi)

 
 
参考文献
東京コレクション公式サイト
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/phenomenon/
https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/mr-gentleman/
 
 


 
 

生年月日

1974年

死亡年度

2021年

出身

静岡県

愛称

BIg-O

デザイナー歴

SWAGGER

PHENOMENON

MISTERGENTLEMAN

 
 
顔写真(サングラス姿が基本)

 

ミュージシャン/SWAGGER時代

 
1974年に静岡で誕生した男性。
 
若い頃はシャカゾンビというヒップホップグループの一員として活動。
その一方で裏原宿系ブランドブーム全盛期にあたる1999年には
井口秀浩さんと共に「SWAGGER」というストリート系ファッションブランドを創設。
 
当時のオオスミ氏の影響力とブームの後押しもあり、
SWAGGERは瞬く間にストリート分野のトップブランドへと成長したほか、
オオスミ氏自身もNIGO氏や滝沢伸介氏などと並ぶ
裏原宿系のトップデザイナーの1人に数えられるまでになった。
 
 
 

PHENOMENON時代

 
 
2004年には井口秀浩さんがかかわらない単独デザインブランドとして
「PHENOMENON」という"音楽"をコンセプトにした2つ目のブランドを立ち上げ、
2000年代後半からはミュージシャンとしての活動を休止し、
デザイナー1本で活動するようになった。
 
そして、2010年にはフェノメノンを通じて
裏原宿文化とは対極的なハイファッション系のショーイベントである
東京コレクションにデザイナーとしてデビュー。
 
同じ時期から並行して「MCM by PHENOMENON」のデザイナーとしても活動。
 
 
 

MR.GENTLEMANで東京コレクションに参加

 
 
2012年、ザ・コンテンポラリー・フィックスという
セレクトショップのオーナーである吉井雄一氏とデュオを結成し、
「MR.GENTLEMAN」というベーシック系のブランドを立ち上げ、
2013年からはこのブランドを通じて吉井氏と共に東京コレクションに参加し出した。
 
一方で2015年には2番目のブランドである
フェノメノンのデザイナー職から離脱。
 
2010年代後半も継続して東京コレクションに参加し続け、
デザイナーとしての地位を高めていった。
(2018年には商簿にミュージシャンとしての活動も再開)
 
 

2021年に若くして死去

 
 
2020年に入っても東京コレクションのトップデザイナーとして活躍していたが、
2021年1月下旬、「敗血症」により47歳という若さで死去。
 
 
 
 
 
 

 

 
サイト内検索

 


 
[国内系デザイナー]
<主な内容>
■詳しい経歴
■顔写真(ないページあり)
■豆知識

 
 
 


 
[サイト内のファッション誌関連メニュー]