(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

ミラノ系BIG2(グッチ/プラダ)を徹底比較

 
 
ミラノコレクション系老舗高級ブランド(イタリアの高級ブランド)の中では、
FENDIはやや格下で

  • GUCCI
  • PRADA

がBIG2的な存在である事で知られます。
 
そんな2強のうち、どっちのほうが格上で人気が高いのか、
どっちの邦画商品の値段が高いのか/安いのか、
といった事を知りたい購入希望者向けの情報です。
 
 

直接比較表

 
 

  GUCCI PRADA
創業年度 1921年 1913年
創業者 グッチオ・グッチ マリオ・プラダ
創業事業 皮革製品 皮革製品
主な商品
バッグ
財布
既製服
サングラス
腕時計
ジュエリー
香水
コスメ
など

既製服
バッグ
財布

ジュエリー
品揃え特徴 今でも皮革製品中心
公式通販では
衣料(既製服)カテゴリが
一番上にあって衣料がメイン

バッグ単価 主に30万円から50万円 主に20万円から40万円
主な
歴代デザイナー


トム・フォード
フリーダ・ジャンニーニ
アレサンドロ・ミケーレ

ミウッチャ・プラダ
現任デザイナー
(2022年)
アレサンドロ・ミケーレ ラフシモンズ&ミウッチャプラダ
年商


97億ユーロ
(2021年度)

ケリンググループ内の
グッチ単体数値


PRADAグループ全体で
33億ユーロ
(PRADA単体は不明)

公式YouTube
登録者数

80万人 26.1万人
公式FB
フォロワー数
2076万人 755万人
公式インスタグラム
フォロワー数
約5000万人 約3000万人
本国公式Twitter
フォロワー数
686万人 168万人
日本法人
公式Twitter
フォロワー数
11.7万人 7.6万人

SNSフォロワー数は2022年時点の数値
 
 

人気/ランクなどの違いとは?

 
総合的なランクはGUCCIのほうが上で価格帯もグッチのほうがやや高めの傾向。
そういった意味でGUCCIはミラノ系ブランドの最高峰と言える。
 
バッグ系ブランドとしてはグッチが格上ながら
既製服ブランドとしては同格くらい。
ミラノコレクションにおけるプラダのショーはグッチと同じくらい注目を集める。
 
 
 
 

 

 
ブランド比較
(歴史/SNSフォロワー数/価格帯など)

 
 
腕時計/ジュエリー系