(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

mina perhonen(皆川明)/beautiful people(熊切秀典)比較

 
参考文献
ミナペルホネン公式サイト
https://www.mina-perhonen.jp/about/
beautiful people公式サイト
https://beautiful-people.jp/c/about/
 


 
 

両氏/両ブランドの共通点

 

  • 長く着られる衣料を展開(=買い替えが起こらないため会社の売上は伸びない)
  • 共に商業主義の経営をしない(人が良すぎて経営が下手という考え方もあり)
  • 共に文化服装学院出身
  • 共に装苑賞(文化服装学院系の新人賞)の審査員/2022年時点
  • 共に「毎日ファッション大賞グランプリ」受賞歴がある
  • 共にパリコレ参加歴のあるブランド

 
 
こういった共通項があるため日本のデザイナー業界の中でよく比較される
日本のアルチザン系ブランド2つの比較。
 
 
<注記>
ビューティフルピープルはコムデギャルさん出身デザイナーによるブランドで、古巣同様にショーは大規模に開催する傾向にあり、「ショーにお金を使う」という意味ではアルチザン系ブランドに該当しない、という考え方もあり
 
 
 


 
 

比較表

 

  mina perhonen beautiful people
創業者/デザイナー 皆川明
熊切秀典

*創業は熊切氏や
戸田昌良氏など

デザイナー
生まれ年
1967年生まれ 1974年生まれ 
デザイナー
出身地
東京都
(大田区)
神奈川県
 デザイナー出身校 文化服装学院  文化服装学院 
ブランド設立前の
業界内でのキャリア
P・J・Cというメーカー
などに勤務 
■コムデギャルソン社勤務
■パターン外注会社経営
ブランド設立 1995年 2006年 
メインの対象性別
女性
+子供

女性

ユニセックス系商品もあり
パリコレデビュー 2004年  2017年
パリコレ以外の
コレクション参加歴
東京コレクション
ロンドンコレクション
東京コレクション

毎日ファッション大賞
グランプリ受賞歴

日本デザイナーにとっての
最大の栄誉である賞

1回
(第24回/2006年)
1回
(第38回/2020年)

大量生産/廃棄の流れに
逆行する、ものづくりに
関する活動/名言

■100年着られる服を作る

■大量に作って売れ残ったら
セールして売り切るような事はしない
(セール品で買った安物をすぐ捨てる
というような文化にも反対している)

■1着買えば24通りの着方ができる
「Side-C」シリーズ商品を展開
主な外部ブランド
コラボ歴

コンバース
THE NORTH FACE
repetto

ユニクロ

公式インスタグラム
フォロワー数

約19万人 約22万人

WEAR.jp
お気に入りブランド
登録者数

約2000人 約2250人
ドレス/ワンピース
価格帯
主に4万円から10万円
2万円台から
10万円前後


ブラウス価格帯 3万円から5万円 主に5万円から8万円
スカート価格帯 主に5万円から8万円 主に5万円から8万円
バッグ価格帯
主に1万円から5万円

*5000円前後の格安品、
10万円前後の高級品も一部あり

主に1万円から5万円
フォロワー数/価格帯などは2022年時点の数値
 
 
 

比較結果

 

  • 人気的には同等
  • デザイナーとしても同じくらいで共に日本人トップデザイナー
  • 価格帯も大体同じくらい
  • サステナブルな取り組みに関してはmina perhonenの方が上

 
 
価格帯は同じである中、mina perhonenの作品は「100年着られる作品作りを目指している」という意味で、よりコスパが良いのはmina perhonen。
 
一方、高価な服を買ったのちアレンジして様々な着方をしたい/長く着続けたい人にとって、20通り以上の着方が出来る「Side-C」商品も展開するbeautiful peopleはそ以降の存在と言える。
 
 
 
 
 

 

 
ブランド比較
(歴史/SNSフォロワー数/価格帯など)

 
 
腕時計/ジュエリー系