月刊 レジデントノート(通常号のみ購読/増刊号セット購読)

 


羊土社による研修医・若手医師向け雑誌。

Fujisanでは通常号だけでなく増刊号セットの定期購読コースもあり。

 

 

レジデントノートの基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:レジデントノート(通常号のみ購読/増刊号セット購読)

株式会社羊土社
通常号毎月10日発売

増刊号奇数月20日発売


発行部数=通常号1.6万部、増刊号1万部
広告料金=通常号5-25万円、増刊号も同じ幅(2017年時点の媒体資料情報)

タイアップ広告(記事広告)=26-38万円

 

 

【読者構成】

  • 研修医・若手医師=80%
  • 上級医・病院=15%
  • 図書館・大学教育機関=3%

 

 



【Fujisan.co.jp説明文】
研修医の方を主な読者対象とした、実用的で実践に即役に立つ雑誌です。

臨床研修で最初に必要となる事柄、研修中に身に付けておくべき事柄について、

第一線で活躍の臨床医がわかりやすく執筆。特にプライマリケア、救急疾患への対応を中心に取り上げます。

研修医に必要な事柄はそのまますべての医師に必要となりますので、

若手医師を中心に向上を目指すすべての医師に愛読していただける雑誌を目指しております。

もちろん、学生の方の臨床実習にも役立ちます。

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • 急変につながる危険なサインを見逃すな!
  • 1から始める輸液
  • この“ひとこと”でがらりと変わる!医療面接のコツ
  • ステロイドの使い方・考え方
  • 神経内科「基本のき」
  • 病棟でのがん患者サポート
  • ICUの基本となる重症患者の全身評価
  • その抗菌薬、本当に必要ですか?
  • 心不全の診かた
  • 同効薬の使い分けなぜこの薬を選ぶ?
  • 基本がわかる!胸部X線診断
  • 身体診察ってこういうことだったのか!
  • ポリファーマシー その症状は薬のせい!?
  • CKD・透析患者の診療で困るあれこれ
  • 目からウロコのかぜ診療
  • 敗血症診療。 目の前の患者を救うための考え方・動き方

 

 

 

レジデントノートの主なレビュー(口コミ)

 

  • 役に立ちます
  • 教科書には書いてないことが書いてある
  • 連載も面白い
  • ちょうどいいボリューム
  • レジデントではなくてもいい勉強になる雑誌
  • 人に聞きづらいことが書かれている
  • 素晴らしい雑誌
  • 日々の診療に役立つ
  • かゆいところに手が届く内容
  • 新しい知識の習得に便利
  • 看護師にも役立つ
  • 研修医に必須の知識がいっぱい
  • 救急医を目指す研修医におすすめ

 

 

 

レジデントノートの主な競合雑誌(読者の併読誌)

  • レジデント