月刊 臨床婦人科産科

株式会社医学書院による、産婦人科臨床のハイレベルな知識を届ける雑誌

 

 

 

基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:臨床婦人科産科

株式会社医学書院
毎月10日発売
発行部数=4500部(2017年)
広告料金=2.3万円から30万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

1946年創刊

読者内訳=勤務医50%、開業医40%、その他10%

 



【Fujisan.co.jp説明文】
産婦人科臨床に役立つ up-to-date な知識・情報を毎号特集形式で解説。

また、読者からの投稿論文を「原著」「症例」「薬の臨床」などに種別して掲載している。

年1回、毎月の特集テーマである「今月の臨床」を深く掘り下げた増大特集号を発行。

 

 

【出版社サイトでの公式説明】
産婦人科臨床のハイレベルな知識を、わかりやすいビジュアルな誌面で読者に届ける特集形式の専門誌。

注目の診断モダリティの解説やスペシャリストの処方例など、すぐに診療に役立つ情報をわかりやすくまとめる。

書籍規模の増刊号は、必携の臨床マニュアルとして好評。

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な巻頭特集内容

 


特集というコーナーがないため、「今月の臨床」という巻頭コンテンツに関して。

臨床系なので、経営・マネジメント系ではない。

 

 

  • 万能幹細胞・幹細胞とゲノム編集 再生医療の進歩が医療を変える
  • 婦人科がん低侵襲治療の現状と展望〔特別付録Web動画付き〕
  • 産科麻酔パーフェクトガイド
  • 性ステロイドホルモン研究の最前線と臨床応用
  • 卵胞発育を理解する 知っておくべき基礎知識
  • 骨粗鬆症の最新トピックス ガイドラインの大幅改訂を迎えて
  • 胎児心拍数モニタリング パーフェクトマスター
  • 若年女性の外来診療に役立つ基礎知識
  • 糖尿病が女性ヘルスケア・がんに与えるリスク
  • 産科大出血に慌てない!!
  • 婦人科腹腔鏡手術の進歩と“落とし穴”
  • 婦人科疾患の妊娠・産褥期マネジメント
  • がん妊孕性温存治療の適応と注意点 腫瘍学と生殖医学の接点
  • 体外受精治療の行方 問題点と将来展望
  • 専攻医必読 基礎から学ぶ周産期超音波診断のポイント
  • 産婦人科医必読 乳がん予防と検診 Up to date
  • 月経異常・不妊症の診断力を磨く
  • 早産の予知・予防の新たな展開
  • 総合診療における産婦人科医の役割 あらゆるライフステージにある女性へのヘルスケア
  • ゲノム時代の婦人科がん診療を展望する がんの個性に応じたpersonalizationへの道
  • 子宮内膜症治療の未来図
  • 妊娠高血圧症候群のベストマネジメント

 

 

 

 

 

 

臨床婦人科産科の主なレビュー(口コミ)

 

  • 初心者でもわかりやすい
  • 学習意欲が増す
  • 詳しい最新情報を得られる