月刊 脳神経外科(NEUROLOGICAL SURGERY)

医学書院による脳神経外科分野の月刊専門誌

 

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:脳神経外科

株式会社医学書院
毎月10日発売
発行部数=5500部(2017年)
広告料金=3-30万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

 

読者層=勤務医が75%

1973年創刊

 


【Fujisan.co.jp説明文】
脳神経外科の臨床的研究を幅広く紹介する原著雑誌として,Index Medicusにも収載され評価は高い。

各領域の第一線の著者による総説,写真やイラストを多用した手術手技も毎号掲載。

基礎研究から医療問題にいたるまで,脳外科医に必要な知識を幅広く掲載中。

雑誌略称は「No Shinkei Geka」。

 

 

 

【出版社サイトでの説明】

脳神経外科の臨床研究を幅広く紹介する原著雑誌。

Index Medicus に収載され、評価は高い。

原著論文のみならず、各領域の第一線の著者による総説・手術手技などの常設欄・連載欄も充実。

学術面だけでなく留学記・英文論文の書き方等の実践面まで、脳神経外科医に必要な知識を幅広く掲載。

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容(巻頭の総説という記事)

 

  • 脳神経外科術中運動誘発電位モニタリングにおける諸問題
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の治療法と手術時期について
  • 経シルビウス裂到達法による海馬多切術の手術手技とその記銘力および発作予後
  • 発生・解剖・遺伝からみた脳血管病変
  • パーキンソン病に対するDBSの作用機序と技術的進歩
  • 脳保護療法の新展開
  • 脳脊髄液運動の新知見
  • 脊髄髄膜瘤の治療およびケアに対する患者,家族の満足度
  • 2016WHO中枢神経系腫瘍分類-改訂の経緯と展望-
  • 骨粗鬆症性胸腰椎椎体骨折の診断と治療
  • ARUBA study後の脳動静脈奇形の治療
  • 神経膠腫の分子診断と個別化治療
  • 脊椎内視鏡手術の発展と現状
  • 脳波からみた意識障害
  • 地域連携と脳神経外科
  • 脳神経外科における3Dプリンターのインパクト
  • 光線力学的療法
  • てんかんと高周波律動前