月刊 臨床放射線

放射線科医(診断・治療) 専門雑誌。

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:臨床放射線

金原出版
毎月20日発売
発行部数=6000部(2017)
広告料金=2.1万円から30万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

1956年創刊



【Fujisan.co.jp説明文】
「放射線」を軸に「診断」と「治療」の両面から放射線科医に役立つ論文&情報を毎月1回凝縮してお届けする1956年創刊の老舗雑誌。

日常診療に密着した技術から押さえておきたい最新知識まで,

あらゆる情報を詰め込んだ診療技術の底上げに「効く」内容を提供していく。

また,本誌とは別に臨時増刊号を,毎年秋に総特集形式で刊行。特定疾患にスポットを当てて,より深い情報をお伝えしている。

 

 

【出版社サイトでの説明】
「放射線」を軸に「診断」と「治療」の両面から放射線科医に役立つ論文&情報が毎月充実!

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • PET検診の総括から未来へ
  • 放射線科診療における肝臓がんの最新の画像診断と治療
  • 悪性脳腫瘍に対する放射線治療戦略と治療前後の画像診断の役割
  • 次の25年の放射線医療の進歩を見据えて
  • 高精度放射線治療のための最適な画像診断に向けて
  • 脳神経・頭頸部の画像診断update
  • 粒子線治療の現状-保険適用を経ての実施体制-
  • 有害事象の評価と対策
  • 食道癌の放射線治療
  • 腹膜・間膜の画像診断
  • 呼吸性移動対策の今後-光子線治療から粒子線治療まで-
  • 分子標的治療薬と放射線治療の併用

 

 

 

臨床放射線の主なレビュー(口コミ)

 

  • 内容が濃い
  • カラーでわかりやすい