月刊 medicina(メディチーナ) Fujisan定期購読プランは増刊号付き

株式会社医学書院による、内科臨床医を対象にした内科総合誌。

 

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:medicina

株式会社医学書院
毎月10日発売
発行部数=17500部(2017年)
広告料金=5万円から76万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

1964年創刊

電子版付き購読プランあり

読者内訳=開業医60%、勤務医35%

 



【Fujisan.co.jp説明文】
内科臨床医を対象にした内科総合誌。

第一線の臨床医が実地診療の場で必要な情報をプラクティカルに、かつ簡潔に解説する。

毎月特集テーマで話題を提供するほか、年1回、内科医必須事項をまとめた増刊号を発行。

内科医必携・必読の月刊誌。

 

 

【出版社サイトでの説明】
「いかに診るか」をコンセプトに、内科医に不可欠な情報をプラクティカルにまとめた毎月の特集。

幅広い内科診療に必要な知識・技術が満載の増刊号。

知識のアップデートと技術のブラッシュアップに直結する連載も充実の総合臨床誌。

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • 症候別 すぐ役に立つ救急画像診断 いつ撮る? どう見る?
  • 総合内科医の必修臨床問題182問
  • トリコになる不整脈 診断と治療のすべて!
  • おさらい腎疾患 明日から役立つアプローチの基本
  • 肺炎への最新アプローチ ジェネラリストの立場とスペシャリストの視点から
  • 内分泌疾患を診きわめる
  • どうする? メンタルな問題 精神症状に対して内科医ができること
  • 主治医として診る 高血圧診療
  • 超高齢時代の内科診療
  • 誰も教えてくれなかった 慢性便秘の診かた
  • 胸部画像診断 症状や身体所見からのアプローチ
  • 抗菌薬の考え方,使い方 ホントのところを聞いてみました
  • 内科救急サバイバルブック 院内救急&地域でのマネジメント
  • 心電図を詠む 心に残る24症例から
  • 内科診断の道しるべ その症候,どう診る どう考える
  • 内科医がになう骨粗鬆症 診療と生活指導の最新情報
  • 脳卒中はこう診る 新ガイドラインで何が変わったか
  • 抗血栓療法 おさえておきたい最新のエッセンス
  • 外来で診るリンパ腫・骨髄腫 治癒または長期共存を目指して
  • いまアレルギー外来がおもしろい 安全で効果の高い治療を使いこなす
  • 内科プライマリケアのための 消化器診療 Update
  • 自信がもてる頭痛診療
  • 心不全クロニクル 患者の人生に寄り添いながら診る
  • CT・MRI “戦略的”活用ガイド

 

 

medicinaの主なレビュー(口コミ)

 

  • 研修医にとって、とても良い
  • 後期研修医向き
  • 知識の整理に役立つ
  • 内容が軽く過ぎることも重すぎる(難解)こともなく、丁度良い
  • 外来で使える知識が得られる
  • 最新の治療動向がわかる

 

 

medicinaの主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

  • 総合診療
  • 診断と治療
  • 治療
  • MP