月刊 BRAIN and NERVE

 

株式会社医学書院による脳神経内科医と神経外科医向けの月刊専門誌。

2つの雑誌が統合して2007年に新規創刊。

 

 

 

基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:BRAIN and NERVE

株式会社医学書院
毎月1日発売
発行部数=6000部(2017年)
広告料金=2.5万円から36万円(2017年時点のHP媒体資料より)

1948年創刊



【Fujisan.co.jp説明文】
『脳と神経』『神経研究の進歩』の統合誌として2007年発刊。

毎号の特集と総説に加え、有益な原著論文を積極的に掲載することにより、

基礎から臨床にわたる神経科学の現在を俯瞰する「和文神経科学専門誌」を追求。

雑誌略称は「No To Shinkei」。

 

 

 

 

 

 

【読者構成】

 

 

  • 神経内科医 70%
  • 外科医 10%
  • 精神科医 5%
  • その他 15%

 

 

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • Voxel-Based Morphometry-体積からわかること
  • 増大特集 ブロードマン領野の現在地
  • 磁気刺激の新たな展開
  • Stroke-Like Diseases−鑑別時に注意を要する5病態
  • 近年注目されている白質脳症
  • 炎症性神経・筋疾患の新たな展開
  • 連合野ハンドブック
  • アディクション-行動の嗜癖
  • 自己免疫性脳炎・脳症
  • こころと汗
  • 認知症の危険因子と防御因子
  • 脳とフローラ
  • 手の症候学-生理学・解剖学からみた新知見
  • 治せる認知症
  • 末梢神経の血管炎
  • 筋疾患の認知機能障害
  • シャルコー・マリー・トゥース病
  • 視床と高次脳機能
  • ギラン・バレー症候群のすべて-100年の軌跡
  • 非・日常生活の脳科学
  • 酵素補充療法
  • 神経難病の終末期医療
  • 神経疾患と感染症 update
  • 脳と「質感」
  • NCSE(非痙攣性てんかん重積状態)
  • 大脳皮質 vs. 大脳白質
  • 「食べる」を考える
  • ニューロトキシコロジー
  • 神経症候学は神経学の“魂”である
  • 分子を撃つ-神経疾患治療の新しい水平線
  • 神経系の悪性リンパ腫 update
  • ミラーニューロン
  • アミロイド関連神経疾患のすべて-封入体筋炎からアルツハイマー病まで

 

 

 

 

 

BRAIN and NERVEの主なレビュー(口コミ)

 

  • 最新情報が得られて有益
  • 臨床に役立つ

 

 

 

 

BRAIN and NERVEの主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

  • 月刊脳神経外科
  • 脳神経外科ジャーナル