家族療法研究

金剛出版が発行している年3回発行の日本家族研究・家族療法学会の機関誌。

 

 

 

家族療法とは?

 

オンライン辞書などによると、

家族療法とは、心の問題などを抱えている本人だけでなく、

その家庭全体に働きかけ、病状の改善をはかる(目指す)療法のこと。

 

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:家族療法研究

株式会社金剛出版

年3回発行(4月・8月・12月)

発行部数=不明

雑誌コード=不明(公式的な検索サービスでも見つからず)

ページ数=約100ページ

サイズ=B5

年間購読コスト=約6000円

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

日本家族研究・家族療法学会の機関誌です。

学会でのタイムリーな話題を中心に発行いたします

 

 

 

 


過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

 

  • 発達障害と家族支援
  • 高齢家族
  • リジリアンスを動かす
  • リジリアンスを知る
  • チーム医療としてのバイオサイコソーシャル
  • 「家族研究」温故知新
  • 家族療法のこれから-30年の蓄積をいかに活かすか
  • 学会の過去と現在そして未来:家族療法の深化と進化
  • 家族の未来 支援者の現在
  • 家族再生を支え合う実践
  • 学校における家族支援
  • リスク・ファミリーの臨床:家族臨床から「事件」を観る
  • 家族療法家,原家族を語る
  • 社会の変化と臨床のかたち
  • ナラティヴ・アプローチの現在
  • アジアの家族療法
  • 私の家族療法理論
  • メディカルファミリーセラピーの展開
  • うつ病と家族療法
  • しなやか(resilient)な家族をめざして:進化する家族療法の技法と理論
  • 親面接:今,改めて考える
  • コミュニティにおける家族支援:「アウトリーチ家族支援」のニーズと援助方法
  • 児童と家族:初期支援に向けて
  • 家族療法の多様なアプローチ:摂食障害を例として
  • 「青年のひきこもり」へのアプローチを考える
  • 家庭内における暴力を臨床の中でどう扱うか
  • トラウマと家族の癒し
  • 境界例の家族療法
  • 思春期と家族
  • 精神分裂病に対する個人と家族への治療的接近
  • 嗜癖と家族
  • コミュニケーション論からみた家族