季刊 中毒研究

株式会社 へるす出版による中毒情報専門誌。

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:中毒研究

へるす出版

季刊(3の倍数月発売)

発行部数=HPに媒体資料なし(推定5000部前後)

広告掲載料金=HPに媒体資料なし

雑誌コード=不明

 

 

出版社サイトには他の主要雑誌の媒体資料は用意されているものの、

この雑誌は今のところ小規模事業のためか、詳しい媒体資料なし。

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

中毒の治療は緊急性を要するものの、類似症例が少なく、症例の蓄積が重要です。

本誌は日本中毒学会準機関紙として、日常発生する急性中毒関連情報の集大成を目指しています。研究の原著論文、生の症例報告、日本中毒情報センターからなどのホットな情報などを中心に、総説、特集、講座等も適宜掲載しています。

 

 

 

一般社団法人 日本中毒学会

jsct-web.umin.jp

 

 

 

 


中毒研究 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • ベゲタミン中毒の振り返り;発売中止にあたって
  • カフェイン中毒
  • 法医学からみたガス中毒
  • 医学系教育機関における中毒学教育のあり方
  • 動物の中毒
  • 園芸植物中毒
  • キノコ中毒
  • 山菜中毒
  • 脱法ハーブ
  • 一酸化炭素中毒
  • 一般用医薬品(OTC 薬)の不適切使用と管理体制
  • 覚せい剤検出時の法的対応
  • クリニカル・トキシコロジスト認定制度をめぐって
  • 硫化水素中毒
  • 日本中毒学会30回の歩みと今後の展望
  • 集団中毒に対する危機管理体制

 

 

 

かなり幅広い「中毒」に関する特集を毎号掲載。

 

 

 

 

 

 


競合誌

 

 

国内には、他に中国専門誌は存在しないようです。