月刊 周産期医学

東京医学社による周産期領域の診断、治療の研究解説誌

 

 

 

基本情報/定期購読

 



Fujisan.co.jp:周産期医学

東京医学社
毎月10日
発行部数=HPに媒体資料なし
広告料金=

 

 

 

HPに媒体資料なし

 


【Fujisan.co.jp説明文】
周産期領域の診断、治療の研究解説誌。

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • なぜ今メンタルヘルスケアなのか?
  • 胎児診断・治療の最前線
  • 大規模災害と周産期医療―熊本地震からまなぶ
  • 周産期のウイルス感染症
  • 周産期におけるファミリーセンタードケア
  • 妊婦の栄養─今,妊婦は赤ちゃんのために正しい食事をしているのか
  • 周産期とバイオマーカー─病態と最新の治療を知ろう
  • 合併症妊娠における情報提供
  • 現代帝王切開学
  • 新生児低酸素性虚血性脳症
  • 妊娠時期別にみた分娩の対応─どうすれば児の予後を改善できるか?
  • 周産期領域の新しい検査法
  • 一歩進んだ胎児超音波検査─具体的な描出法/測定方法を教えます
  • 母体・胎児蘇生:分娩時の急変にどう対応するか
  • 新生児蘇生NCPRガイドライン2015
  • 退院から1カ月健診までの新生児対応
  • 早産児と母乳
  • NICUからはじまる小児在宅医療
  • 周産期救急疾患への対応─妊産婦・新生児死亡を防ぐために

 

タイトルに「周産期」がつく特集が多い。

 

 

 

周産期医学の主なレビュー(口コミ)

 

  • 健診でのアドバイスに役立った
  • 実践に役立つ
  • 産婦人科・新政治家、どちらの声も聞ける貴重な雑誌