月刊 眼科

金原出版による臨床眼科医向け月刊専門誌

 

 

基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:眼科

金原出版株式会社
毎月20日発売
発行部数=6500部(2017年時点)
広告料金=2.2万円から30万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

ページ数=約120ページ

1959年創刊

読者構成=媒体資料によると40代・50代あたりの開業医が中心

 



【Fujisan.co.jp説明文】
毎号、学会で話題となっている最新のトピックスや、日々の臨床に臨むにあたって改めて整理しておくべき知識・技術を、特集形式や単品の綜説として企画しそれぞれの分野の専門家に執筆を依頼することで、診療にすぐに役立てられるようにわかりやすく解説しています。

原著や症例報告といった投稿論文も、依頼原稿と同様の編集方針のもとでの査読を経て、臨床に役立つもの、応用できるものを掲載しています。

 

 

 

【出版社サイトでの説明】
学界のトピックス、診療のコツ、臨床現場からの症例報告。

どこから紐解いても日々の診療に役立つ内容満載の、気軽に読める眼科専門誌です。

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • 角膜内皮移植:DSAEK対DMEK
  • 今、OCT angiographyでわかること・わからないこと
  • この視野結果は緑内障でしょうか?
  • 視神経症と自己抗体との関連
  • 加齢黄斑変性アップデート
  • 緑内障点眼薬の基礎と臨床
  • 角膜真菌症アップデート
  • Preperimetric glaucoma
  • 鼻涙管狭窄の外科治療アップデート
  • 中心性漿液性脈絡網膜症(CSC)最近の話題
  • エイジングと加齢眼疾患
  • 虚血性眼疾患を考える
  • 緑内障手術・緑内障画像解析診断の現況
  • 斜視治療アップデート
  • 眼の細菌感染
  • 議論の多い眼治療
  • 視野異常を診断する
  • 糖尿病眼合併症の新知見
  • 眼科再手術
  • 眼窩疾患の診断と治療
  • 落屑症候群
  • 薬剤性角膜上皮障害
  • 虹彩毛様体炎の臨床
  • 近視と緑内障
  • 硝子体・網膜病変の診かた
  • 眼科における疫学研究
  • 発生学からみた眼の先天奇形
  • サイトメガロウイルスと眼
  • 黄斑疾患診療の進歩
  • ぶどう膜炎の評価
  • 網膜剥離診療

 

毎月、一つのテーマを深く特集するスタイルする定期発行の本のような雑誌。

 

 

月刊 眼科の主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

 

  • 臨床眼科
  • 眼科ケア
  • あたらしい眼科
  • 眼科手術