Graphic Medical Magazine「メビオ(Mebio)」

内科医向けに幅広い内容を扱う雑誌

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:Mebio

メジカルビュー社
毎月10日発売
発行部数=3万部(2017年)
広告料金=20-60万円

読者対象=医師

キャッチフレーズ=オールラウンド診療のサポートマガジン



【Fujisan.co.jp説明文】
専門分野が多岐にわたる内科学の中から、実地診療に役立つテーマを毎号特集として掲載しています。

内科関連の情報は日進月歩で進んで行きます。

その情報を的確にかつ迅速に紹介し、専門の先生方が読まれても納得いただける高いレベルの内容を、

オールカラー(一部2色)のイラスト・写真を豊富に用いてわかりやすく解説しています。

 

 

【出版社サイトでの説明】
消化器、循環器、内分泌代謝を中心として呼吸器、血液・腫瘍、神経、リウマチ・アレルギー・

膠原病・免疫、腎臓、感染症の9分野から毎月1分野を取り上げ、その基礎から臨床までを特集掲載しています。

各疾患の診断・治療法の最新情報を掲載し、専門以外の疾患を診療しなければならない一般内科臨床医の実地診療をサポートします。

メディカルイラストをはじめとして、豊富な写真・シェーマ・グラフを大きく扱い、分かりやすく簡潔に解説しています。

 

 

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • 血液疾患、診断と治療のtrends & topics
  • 膵・消化管神経内分泌腫瘍の診断および治療の進歩
  • もう一度心房細動の診療を考える
  • 目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療
  • 中枢神経感染症のトピックス
  • がん治療に漢方を効果的に使う
  • NASHを知る!診る!
  • 内科医が診る皮膚疾患
  • 統合失調症を見逃さない!
  • 「せき」の鑑別,アプローチ,専門家の診かた
  • 生物学的製剤が拓くIBD診療の新時代
  • 内科医が知っておくべき認知症・せん妄・うつの特徴と鑑別
  • BIOLOGICSによる自己免疫疾患治療の新時代
  • いまどうなっている? アトピー性皮膚炎
  • 見えてきたSGLT2阻害薬の実力と新たな糖尿病治療薬の可能性
  • 今すぐできる! うまくいく! 慢性疼痛の最新治療戦略
  • NOAC時代の脳梗塞治療最前線
  • すべての臨床医が知っておくべき薬剤性肺障害
  • C型肝炎治療
  • 内科医が知っておくべき前立腺がん
  • 新規糖尿病治療薬SGLT2阻害薬の展望
  • 関節リウマチ
  • 大腸がん化学療法の最前線
  • ターニングポイントを迎えた肺高血圧症の治療戦略
  • インフルエンザに立ち向かう
  • パーキンソン病診療の新しい展開
  • いきいきと生きるための緩和薬物療法
  • 進歩する慢性心不全の治療
  • いま知っておくべきてんかん
  • 慢性糸球体腎炎の診断と治療
  • 院内感染防止対策
  • 心筋梗塞・狭心症の二次予防

 

 

 

キャッチフレーズ通り、かなり幅広い特集内容。

 

 

1号価格高い中、バックナンバーの単品購入も可能。

 

 

 

 

メビオ(Mebio)の主なレビュー(口コミ)

 

  • ベーシックにしては読みやすい
  • 勉強になる

 

 

 

メビオ(Mebio)の主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

  • 総合診療
  • 月刊治療