隔月刊 医療判例解説

医事法令社による、医療従事者のための判例解説専門誌

 

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:医療判例解説

株式会社医事法令社
偶数月15日
発行部数=HPに媒体資料なし
広告料金=HPに媒体資料なし


【Fujisan.co.jp説明文】
今や、医療関係者は、法律を知らなくては業務に従事できないといっても過言ではありません。

そして、医事法学は、各臨床分野における実践で培われるため、医療従事者が過去の裁判事例を知り、

どの様な対応のもとで過誤と判断されるか、また、如何にして過誤を回避できるかなど、

裁判の傾向を認知することは、もはや必要不可欠なものとなっています。

本誌は、主に医療従事者にむけて、過去に裁判となった具体例を判りやすく解説し、

そのため難解な法律用語はすべて排除し、また、全事例について、その臨床分野に精通された専門医のコメントを掲載し、

裁判所の判断について、忌憚のない評釈も付記しています

 

 

 

 

 

過去のバックナンバーの主な特集内容(基本的に特集はないので、主な巻頭記事)

 

 

  • 左冠動脈起始部に異常がある患者にPCIを実施したが、手技上の注意義務違反などにより患者が死亡したとして損害賠償を求めた事例
  • BMI値40で子宮筋腫のある妊娠初期の肺塞栓症患者に適切な抗凝固療法を懈怠して死亡したとして損害賠償を求めた事例
  • 松果体腫瘍摘出術後に出血を疑ってCT検査を実施すべき注意義務を怠ったため、高次脳機能障害が残存したとして損害賠償を求めた事例
  • ビタミンB12が欠乏し、亜急性連合性脊髄変性症の症状が出現していたのに放置されたとして損害賠償を求めた事例
  • 出産後のカンガルーケア(早期母子接触)中に新生児の呼吸が停止し、後遺障害が残存したため損害賠償を求めた事例
  • 虫刺されから壊死性筋膜炎の疑いがあるにもかかわらず適切な検査を怠り、患者を死亡させたとして損害賠償を求めた事例
  • ERCP後膵炎発症に対する重症度判定の遅れやボルタレンの不適切投与から患者が死亡したとして損害賠償を求めた事例
  • 適応を欠くにもかかわらず吸引・鉗子分娩などを行った過失から児が帽状腱膜下血腫となり死亡したとして損害賠償を求めた事例
  • 発熱と嘔気を訴える患者に追加血液検査を行わず、重症な急性心筋炎から患者を死亡させたとして損害賠償を求めた事例
  • 膀胱洗浄の際の排液に血液が混入していたのに膀胱癌の発症を疑わず、患者を死亡させたとして損害賠償を求めた事例
  • 患者が脳梗塞で死亡したのは抗菌薬関連性腸炎を発症し重篤な脱水症から血栓症を発症したのが原因として損害賠償を求めた事例
  • 不妊治療にかかわる先行訴訟の後に医療機関より書面での転医・診療延期願いは診療拒絶行為にあたるとして慰謝料を求めた事例
  • 乳幼児が両上下肢機能全廃の後遺障害となったのはEDチューブ使用の注意義務や観察注意義務に違反があったからとして損害賠償を求めた事例

 

バックナンバーの目次を分析すると、

基本的に特集という記事はなく(たまにあり)、

毎号5例前後の判例を紹介するようなスタイル。

 

 

 

 

医療判例解説の主なレビュー(口コミ)

  • 勉強になるので、医療従事者にはぜひ読んでもらいたい。

 

 

医療判例解説の主な競合雑誌(読者の併読誌)

  • 判例時報
  • 判例タイムズ