月刊 理学療法ジャーナル

 


株式会社医学書院による理学療法士向け専門誌。

若手からベテランまでがターゲット。

読者評価高い。

 

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:理学療法ジャーナル

株式会社医学書院
毎月15日発売
発行部数=1.1万部(2017年)
広告料金=3.4万円から25万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

1967年創刊



【Fujisan.co.jp説明文】
『PTジャーナル』として理学療法士に親しまれている。

毎号話題のテーマで特集を組み、Physical Therapyの技術と知識を、図・写真を多用して分かりやすく紹介している。

「入門講座」、「講座」、「1 ページ講座」などの連載欄では、理学療法に関する具体的な問題を取り上げている。

PTによる研究論文も掲載。

 

 

【出版社サイトでの説明】

理学療法の歴史とともに歩む本誌は、「PT ジャーナル」として、幅広い世代の理学療法士に親しまれている。

図、表を多用した誌面で、日々の臨床に役立つ技術と知識をわかりやすく解説。

専門領域を問わず、臨床現場のさまざまな疑問をカバーする。

特集記事のほか、「入門講座」「講座」などの連載も掲載している。

 

 

【読者構成】

  • PTとOT=73%
  • 医師=18%
  • その他=9%

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

  • 歩行の安全性
  • 理学療法と下肢装具
  • 通院・通所における理学療法を再考する
  • 現任研修-求められる臨床技能の習得
  • 多職種で取り組むがん診療と理学療法
  • 地域包括ケア病棟
  • 臨床に役立つ臨床推論の実際
  • 生活支援につなぐ小児理学療法
  • 重症下肢虚血と理学療法
  • 社会の要請に応える理学療法教育
  • 被殻出血と理学療法
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて
  • 運動器疾患 エキスパートはこうみる
  • 理学療法からみた「予防」の取り組みと効果
  • TENS
  • 最新の糖尿病治療と運動療法
  • 特集1 理学療
  • 理学療法士界における継往開来
  • 地域包括ケアシステムと小児理学療法
  • 歩行支援機器による歩行 up to date
  • 脳機能回復と理学療法
  • 地域包括ケアシステムの構築に向けて
  • 慢性期の理学療法-目標設定と治療・介入効果
  • 急性期からの理学療法
  • 頭頸部および肩凝りに対する理学療法

 

 

理学療法ジャーナルの主なレビュー(口コミ)

 

 

  • とても勉強になる
  • PTだったらPTジャーナル
  • すぐに役立つ雑誌
  • この雑誌はPTの基本
  • 読んだことが実践につながる

 

 

 

 

 

 

理学療法ジャーナルの主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

  • 月刊理学療法