月刊 Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学)

三輪書店によるリハビリ関連専門誌

 

 

 

基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学)

編集・発行=公益社団法人日本リハビリテーション医学会

発売=三輪書店


毎月18日発売
発行部数=1万部(2017年)
広告料金=3万円から11.5万円(2017年時点のHP媒体資料より)



【Fujisan.co.jp説明文】
「日本リハビリテーション医学会」編集・発行の学会誌。

旬のテーマを多くの著者がさまざまな角度から掘り下げる「特集」を中心に、教育総説や日々の臨床に役立つ連載、

投稿論文などを通じて、リハビリテーション医学の最前線を伝える。

医師はもちろん、セラピストにも読み応えのある内容となっている。

 

 

 

【ターゲット読者層】

リハビリテーション科、整形外科、脳神経外科、神経内科などの医師・理学療法士・作業療法士

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • リハビリテーション医療におけるジェンダーの視点
  • 就労支援―最近の知見と展望―
  • 人工関節におけるリハビリテーション
  • リハビリテーションにおける栄養サポート
  • 先端機器とリハビリテーション
  • ロコモティブシンドローム・運動器疾患のリハビリテーション―up to date―
  • 内部障害のリハビリテーション―拡がる対象疾患とエビデンス―
  • リハ専門医が知っておくべき骨関節の3次元動態
  • ICFコアセット
  • 疼痛とリハビリテーション
  • 神経筋疾患のリハビリテーション―up to date―
  • 神経生理学的手法の応用―実践と可能性―
  • 小児リハビリテーション―その歴史と各疾患への対応,未来への展望について―
  • 高次脳機能障害のリハビリテーション―回復の可能性―
  • リハビリテーション科専門医のロールモデルとリハビリテーションのエビデンス
  • がんのリハビリテーション エビデンス&プラクティス
  • 歩行再建への挑戦