月刊カレントテラピー

ライフメディコムによる、臨床で役立つ診断と治療の最新情報誌。

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:カレントテラピー

株式会社ライフメディコム
毎月1日発売
発行部数=HPに媒体資料なし
広告料金=HPに媒体資料なし
Fujisanには無料バックナンバーあり。

 


【Fujisan.co.jp説明文】
医学界で話題になっている疾患をタイムリーに取り上げ、

全国の第一線で活躍されている著名な先生方に執筆を依頼!

臨床現場で活用できる診断と治療の最新情報を、わかりやすく丁寧に解説しています。

創刊から30年。

その充実した内容と実績は、多くの医療関係者より高い評価を頂いております。

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • うつ疾患の診断と鑑別─双極性障害を中心に─
  • 頸動脈プラークの診断と治療の動向 ─心血管イベント発症予防を目指した治療戦略─
  • 不整脈治療の最近の動向─薬物とデバイスの活用─
  • がん免疫療法の最新動向─免疫チェックポイント阻害剤の将来展望─
  • 糖尿病性腎症の現況と進展阻止対策─生活習慣の修正と薬物療法─
  • 過活動膀胱の最新の治療─QOL改善に広がる選択肢─
  • 腸内細菌と諸疾患 ─ ここまで明らかになった腸内細菌と全身疾患の関連─
  • ロコモティブシンドローム─長寿時代の各科に必要な運動器の最新知識─
  • 大動脈解離の診断と治療の最近の動向
  • 脳梗塞治療の最近の動向と予防対策─抗凝固療法等の使用─
  • NAFLD/NASH─病態に基づいた診断,治療戦略─
  • 糖尿病治療における食事療法の課題と展望 ─新たなエビデンスに基づいた食事療法─
  • 放射線治療─最近の動向と展望─
  • メラノーマ─基礎から最新薬物療法まで─
  • 認知症の早期発見と予防・治療 ─認知症500万人時代に求められるもの─
  • カテーテルアブレーションの適応と可能性─進化するテクノロジーとその活用─
  • 最近の日本人の肥満症─新知見が拓くこれからの肥満症診療─
  • 慢性心不全の診断と治療─最近の動向─
  • 進化するリウマチ治療
  • 日本の総合医療はどうあるべきか ─新たな総合診療専門医制度の発足を迎えて─
  • 慢性咳嗽─しつこい咳に潜む疾患─
  • 動脈硬化の診断と治療の現況と展望 ─包括的戦略による動脈硬化性疾患制圧へむけた取り組み─
  • 睡眠-覚醒障害と関連疾患─その対策─
  • 心房細動の診断と治療の最近の動向─進むべきか,退くべきか─
  • 治し支える医療としての在宅医療の現状と展望
  • SGLT2阻害薬─摩訶不思議な糖尿病治療薬─
  • 急性脳血管症候群としての一過性脳虚血発作 ─脳卒中予防の水際作戦─
  • 慢性腎臓病(CKD)と心血管疾患の関連─最近の考え方と治療の動向─
  • 骨粗鬆症の診断と治療─新たな展開─
  • 脂質異常症の診断と治療の動向─ACC/AHAガイドラインを考慮して─
  • 救急医療の現状と展望─セーフティネットを求めて─
  • 虚血性心疾患─診断と治療の最前線─
  • うつ病診療─入り口から出口まで─
  • 関節リウマチ─診断と治療の進歩─
  • DPP-4阻害薬登場後の糖尿病治療の変化
  • 家庭血圧─これからの高血圧個別治療へ─
  • 総合診療─その歴史と現在,未来─
  • インフルエンザ診断と治療の最前線─抗インフルエンザ薬の時代を迎えて─
  • 機能性消化器疾患─あたらしい診療戦略─
  • 頸動脈プラークのリスクと対応─プラークの質的診断と適切な治療戦略─

 

特定の科目に特化した雑誌ではなく、総合情報系なので、

上記の通り、ピックアップする病気はメンタルも含めてかなり幅広い。

なので、気になる号だけ単品購入する事にも適した雑誌。

 

 

 

月刊カレントテラピーの主な競合雑誌(読者の併読誌)

 

  • 週刊 医学のあゆみ
  • 治療
  • 総合診療