月刊 臨床外科

 

株式会社医学書院による、消化器を中心に外科全般を網羅する月刊誌。

若手外科医・研修医のほかベテラン愛読者が多いことが判明済み。

 

 

 

基本情報/定期購読



Fujisan.co.jp:臨床外科

医学書院
毎月20日発売
発行部数=8500部(2017年)
広告料金=2.9万円から35万円(2017年時点のHP媒体資料情報)

読者データ=開業医ではなく勤務医が大半

1946年創刊



【Fujisan.co.jp説明文】
消化器一般外科臨床のトピックスを毎号特集形式で解説するほか、

厳選された投稿論文を「臨床研究」「臨床報告」「手術手技」などに種別して掲載。

毎号、外科医必読の項目を満載。巻頭の「カラーグラフ」欄も充実している。

年1回、時宜を得たテーマで増刊号を発行。

 


【出版社サイトでの説明】
一般外科・消化器外科を中心に,外科学全般を網羅する総合誌。

手術で本当に役立つ臨床解剖の知識や達人の手術テクニックを,大きい判型とカラー写真でのビジュアルな誌面で解説。

術中・術後のトラブル対処法,集学的治療・周術期管理法の最新情報など,臨床に根ざした“外科医が最も知りたいこと”に迫る。

 

 

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

 

  • 百花繚乱! エネルギーデバイスを使いこなす〔特別付録Web動画付き〕
  • 消化管吻合アラカルト あなたの選択は?〔特別付録Web動画付き〕
  • 目で見る腹腔鏡下肝切除−エキスパートに学ぶ! 〔特別付録Web動画付き〕
  • ビッグデータにもとづいた術前リスクの評価と対処法
  • 最新の内視鏡外科手術の適応と注意点
  • 名手からの提言-手術を極めるために
  • 転移性肝腫瘍のいま-なぜ・どこが原発臓器ごとに違うのか
  • 消化器・一般外科医のための 救急・集中治療のすべて
  • エキスパートが教える 鼠径部ヘルニアのすべて
  • 食道癌手術のコツと要点 〔特別付録Web動画付き〕
  • 外科医が攻める高度進行大腸癌
  • 胆管系合併症のすべて-その予防とリカバリー
  • 外科臨床研究のノウハウと重要研究の総まとめ
  • 大腸癌肝転移-最新の治療ストラテジー
  • 術後障害のリアル-外来フォローの実力が臓器損失を補う
  • 十二指腸乳頭部病変に対する新たな治療戦略-新規約・新ガイドラインに基づいて
  • 再発に挑む!外科治療の役割
  • Neoadjuvant therapyの最新の動向-がんの治療戦略はどのように変わっていくのか
  • ERAS時代の 周術期管理マニュアル