高級ストリート系ブランドの人気ランキング

 
 
2010年代半ばあたりから世界では、
従来の定価窯系ストリートファッションブランドとは一線を画す、
高級系のストリートブランドの人気が急上昇中。
 
そんな中、「ストリート・クチュール」といった新語も定着し、
高級ストリート系(=ストリート・クチュール)
という新しいジャンルも完全に定着しました。
 
 
どんどん増殖する高級ストリート系ブランドの中で、
どこの人気が高いのか、低いのか知りたい人向けの情報です。
 
 
 

公式インスタグラムフォロワー数(2022年4月集計)

 
 

  1. Supreme 1334万人・・・・・・・中価格帯寄り
  2. Off-White 1070万人
  3. Vetements 455.7万人
  4. RICKOWENS 166.6万人
  5. Telfar 128.2万人
  6. UNDERCOVER(日本) 104.5万人
  7. Palm Angels 97.0万人
  8. ALYX(1017 ALYX 9SM) 85.9万人
  9. PHILIPP PLEIN 70.4万人
  10. A-COLD-WALL 68.0万人
  11. Y/PROJECT 47.5万人
  12. RHUDE 38.5万人
  13. Ashley Williams 18.1万人
  14. KIDSUPER 18.8万人
  15. Juun J 14.9万人
  16. FACETASM(日本) 11.5万人
  17. KOCHE 11.2万人
  18. Preen by Thornton Bregazzi 11.0万人
  19. WE11DONE 10.9万人
  20. Bobby Abley 6.43万人
  21. RABURN 6.41万人
  22. SANKUANZ 6.3万人
  23. paria/FARZANEH 6.2万人
  24. JieDa(日本) 6.1万人
  25. Astrid Andersen 6.0万人
  26. COTTWEILER 5.4万人
  27. Ahluwalia 5.2万人
  28. BIANCA SAUNDERS 4.9万人
  29. Nicholas Daley 3.8万人
  30. BLUE MARBLE 3.6万人
  31. KIDILL(日本) 3.4万人
  32. Andrea Crews 3.3万人
  33. FUMITO GANRYU(日本) 2.9万人
  34. JORDANLUCA 2.6万人
  35. AFTERHOMEWORK 2.2万人
  36. XULY Bet 2.0万人
  37. Saul Nash 1.6万人
  38. David Catalan 約8300人

 
 
 

数値・ランキング分析

 
 
中価格系でジャンル曖昧なシュプリームを含めると、シュプリームが首位。
パリコレのショーにおけるルイヴィトンとのコラボによりランクが大幅に上がった感じもあり。
 
シュプリームを除いて考えると故ヴァージル・アブローによるオフ・ホワイトが首位。
オフホワイト同様にストリートクチュールブームを牽引してきた
デムナ・ヴァザリア創業のヴェトモンが順当に続く。
 
ヴァージル・アブローが影響を受けてきたと言われる
高橋盾による元祖裏原宿系ブランド「UNDERCOVER」も高い数値。
ただし現在のアンダーカバーがストリート系といえるかどうかという微妙なところ。
 
 
 


 
関連ページ
ストリート系ブランド(低価格系)の人気ランキング
 
 
 
 

 

 
 
サイト内検索窓

 
 
ランキング

 
 
 
[各国/都市高級ブランド情報]

 
 
[ファッション誌系メニュー]

 
 
digital-zasshi.jpトップページに戻る