2007年当時の女性ファッション誌部数ランキング

 
 
当時、日本雑誌協会公式HPに掲載されていた一般公開部数情報参考。
 
2006年9月から2007年8月発売号の平均部数。
 
 

  1. CanCam 69.5万部
  2. MORE 55.5万部
  3. with 54.8万部
  4. ViVi 44.6万部
  5. ノンノ 42.7万部
  6. Seventeen 33.9万部
  7. LEE 30.5万部
  8. JJ 29.8万部
  9. anan 26.2万部
  10. Ane Can 26.6万部・・・・・CanCamの姉妹誌として2007年春に創刊
  11. STORY 25.1万部
  12. VERY 24.4万部
  13. PS 24.2万部
  14. mina 23.4万部
  15. Oggi 23.3万部
  16. Ray 21.9万部
  17. PINKY 21.0万部・・・・・集英社がかつて発行していた赤文字雑誌
  18. CLASSY 20.99万部
  19. Scawaii 20.92万部
  20. REINA 公称20万部
  21. SEDA 17.96万部
  22. Zipper 17.90万部
  23. 二コラ 17.3万部
  24. ピチレモン 17万部
  25. 家庭画報 16.6万部
  26. BAILA 16.3万部
  27. Woofin' Girl 公称16万部
  28. ハナチュー 15.5万部
  29. Domani 14.2万部
  30. cawaii 14.0万部
  31. ar 13.0万部
  32. JILLE 12.9万部
  33. SPUR 12.0万部
  34. ラブベリー 12.4万部
  35. GLAMOROUS 12.08万部・・・・・かつてViViの姉妹誌として存在
  36. LUCi 12.04万部
  37. Precious 11.1万部
  38. marisol 11.06万部
  39. 婦人画報 11.04万部
  40. ミセス 11.0万部
  41. Como 10.85万部
  42. ゆうゆう 10.81万部
  43. Fine 10.3万部
  44. Style 10.04万部
  45. ES POSSH 公称10万部
  46. ELLE JAPON 9.7万部
  47. GINZA 9.2万部
  48. 毎日が発見 8.9万部
  49. Grace 8.07万部
  50. 25ans 8.02万部
  51. Grazia 7.7万部
  52. 装苑 7.6万部
  53. MISS 7.06万部
  54. BOAO 7.02万部
  55. GISELe 6.9万部
  56. Numero TOKYO 公称6万部
  57. marie claire 3.7万部
  58. NIKITA 3.5万部
  59. SPUR LUXE 2.2万部

 
 
[注記]

  • 宝島社や角川春樹事務所、幻冬舎系の雑誌は協会非加盟のため情報なし
  • 宝島社のSweetはまだこの頃、人気爆発前。一方でギャルファッションブームの中、角川春樹事務所のPopteenはSEVENTEEN同様に大人気であったため、TOP10に入っていた可能性あり
  • VOGUE NIPPONの推定部数は10万から15万部

 
 
 

当時の傾向の分析/現在との比較

 
この15年で、以下にたくさんの雑誌が休刊/廃刊したか?
そして全体的な部数が当時と比べてどれほど激減しているか?、がわかる数値。
 
1位のCanCamには当時、

  • 山田優
  • 蛯原友里
  • 押切もえ・・・・2007年春にAneCanへと異動
  • 西山茉希
  • 徳澤直子

などのトップモデルが勢揃いの状態で、圧倒的な人気を誇っていた。
(2000年代半ばの最高部数は80万部)
 
2020年代に入ると10代・20代は雑誌から離れて
SNSなどから情報を得るようになったのに対し、
この頃の情報源は雑誌が主流で、全体的に若い世代の向けの雑誌が上位。
 
30代・40代向け雑誌はなかなか上位に入れず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
サイト内検索窓

 
 
ランキング

 
 
 
[各国/都市高級ブランド情報]

 
 
[ファッション誌系メニュー]

 
 
digital-zasshi.jpトップページに戻る