売り手市場と買い手市場

 

 

需給状況に関連する商業用語。

(近年は就職関連の用語としても有名。)

 

 

 

項目 意味

 

売り手市場

(Seller's market)

 

 

 

供給に対して商品やサービスを欲する人が多く

売り手に主導権がある状態。

 

この状態の中では、売り手(企業や店)側は

ある程度思い通りに自分たちのビジネスを展開できる。

 

 

 

[就職分野で言うと?]

求人が多く、学生(売り手)が企業(買い手)を選択しやすいような状態。

 

 

 

買い手市場

(Buyer's Market)

 

 

 

買い手(顧客側)に主導権がある状態。

 

買い手が自由に商品・サービス(店)などを選べる状況の中、

売り手側は顧客の顔を伺いながらビジネスを行わないといけけない。

 

 

 

[就職分野で言うと?]

求人が少なく、買い手(企業)が有利な立場にある状態。