SCとGMSとスーパーマーケット

小売り・流通業界の基本用語。

 

 

SC(ショッピングセンター)とは?

 

 

SCとは、

ショッピングセンターの略で、

「ショッピングモール」といった呼ばれ方もされる業態。

具体的には、

 

  • GMS
  • 映画館
  • アパレル直営店
  • フードコート
  • 大型娯楽施設

といったものを総合的に取り込んだ、超巨大な商業施設のこと。

 

 

【主なSC】

  • イオンモール・・・・イオングループ
  • アリオ・・・・セブン&アイグループ
  • ららぽーと

 

 

 

 

GMS(General Merchandise Store)とは?

 

言葉自体は有名な「GMS」とは、

General Merchandise Storeの略で、

日本語では「総合スーパー」といった意味合い。

 

詳しい意味や特徴はとしては、

主に食品がメインの取り扱い商品ジャンルで、

一階建ての店が大半であるスーパーマーケットに対し、

衣食住すべての商品を総合的にカバーし、

ジャンルが幅広いゆえに売り場が複数層から成る形が基本の、

デパート(百貨店)に近いスーパーマーケットのこと。

 

 

【日本の主なGMS】

  • イトーヨーカドー
  • イオン
  • ダイエー
  • 西友
  • APITA
  • 東武ストアmine

 

 

 

 

 

スーパーマーケットとは?

 

スーパーマーケットとは、

定義はややあいまいな部分もあるものの、

基本的には、

 

  • 1F建て
  • 食品(生鮮品)が商品の大半

 

といったところが主な特徴の、

コンビニや街の個人商店よりも明確に大きいお買い物施設のこと。

「スーパー」と略される傾向。

また、「食品スーパー」という解釈もあるようです。

 

 

 

【主なスーパー】

ヨークマート(セブン&アイ系)

ヨークベニマル(セブン&アイ系)

マックスバリュー(イオン系)

マルエツ

ヤオコー

大丸ピーコック

ユニー