上代と下代

上代(じょうだい)


 

 

流通用語の

「上代」は、"じょうだい"と読む。

 

意味はズバリ、

「小売価格(小売店での販売価格)」

という事。

 

 

 

下代(げだい)


 

 

上代の対義語的な

「下代(げだい)」とは、

 

上代が小売価格を指すのに対し、

「(小売店への)卸値」

という意味。

 

仕入れ価格も同じ意味。

 

 

 

 

意味の違いをまとめ


 

 

  • 上代=小売価格
  • 下代=卸値/卸価格

 

 

つまり、上代と下代の差が、小売店にとっての利益となる。