ドミナント出店

dominantとは?

英語のdominantとは、直訳すると「支配的な」「最重要」というような意味。

 

 

 

ドミナント出店とは?

 

ドミナント出店とは、

日本のコンビニ業界の父といわれる、

セブンイレブンジャパンの実質的な創業者の鈴木敏文氏が提唱し、

初期からセブンイレブンの出店戦略として取り入れてきた手法。

 

意味としては、

日本の各大都市の目立つ場所に店を出すというような

衣料・宝飾ブランドなどがよく使う手法とは逆に、

極めて狭い範囲内に出店を絞り

各店舗への配送のしやすさ、幹部の店舗見回りしやすさなどを追求し、

その狭いにおいて、圧倒的に高い

  • 知名度
  • 人気
  • 売上

を記録するなど、戦争に例えると「その地域を征服(支配)した」

という状態までいってから、別のエリアに出店をはじめる、という戦略。

 

実際にセブンイレブンは創業当初、

東京都内のある区に最初に出店し、鈴木氏の絶対的方針として

「**区からは絶対に出るな!」

という方針のもと、まずその地域にて絶対的な存在になるまでは

他の区には出店しなかったそうです。