NSCとRSCとSRSC


 

 

まずはじめに、日本ショッピングセンター協会HPによると

  • 店舗面積が1500平方メートル以上である事
  • キーテナント以外が10店舗以上出店している事
  • キーテナントの面積が、全体の80%を超えていない事・・・・つまり専門店化していないという事

 

などがショッピングセンターの定義となるそうです。

 

 

 

 

ネイバーフッド型ショッピングセンター(NSC)


 

 

Neighborhoodとは、

近所・近隣というような意味合い。

 

そして、

ネイバーフッド型ショッピングセンター

とは、商圏が小さい小型のショッピングセンターの事を指す。

駐車場台数で言うと500台くらいまで。

 

 

イオングループHPの公式説明によると、

「イオンタウン」という、イオンモールよりも明確に小さい中規模業態がNSCに該当。

 

 

 

 

 

リージョナル型ショッピングセンター(RSC)


 

 

Regional Shopping Centerの略。

 

regionalとは「地域の」といったような意味合い。

 

意味としては、NSCと比べて圧倒的に面積が広い大型ショッピングセンターの事。

 

NSCと比べて明確に商圏が広い。

そして、NSCは長時間滞在していられるような施設ではないのに対し、

RSCは広いため、長く館内に滞在し、時間消費ができるというのがNSCとの違い。

 

 

イオングループHPの説明によると

「イオンモール」がRSCに該当。

その他で言うと、ららぽーとなどもRSCに該当。

 

 

 

 

 

スーパーリージョナル型ショッピングセンター(SRSC)


 

リージョナル型ショッピングセンターに分類される

大型ショッピングセンターの規模をさらに超える、超大型SCの事を指す。

(面積の具体的な規定は不明)

 

 

イオンリート投資法人HPの説明によると、

  • 駐車場収容台数
  • 総面積

がRSCの2倍から3倍になるものがSRSCに該当。

 

具体的な数字としては、RSCの駐車場台数が3000台から5000台であるのに対し、

SRSCの駐車場収容台数は5000台から1万台前後となるそうです。