AIDCAの法則

 

 

人の購買行動を分析した仮説の一つ。

読み方は「AIDMA=アイドマ」。

 

AIDMAの法則とは、4段階目の仮説が違う。

 

 

AIDCAとは

  1. Attention
  2. Interest
  3. Desire
  4. Conviction
  5. Action

 

の頭文字を並べたもの。

 

 

英単語の

「Conviction」

とは、

  • 確信
  • 信念
  • 不退転(この意味は弱め)

 

という意味を持つ。

 

 

つまり、人とは

物やサービスに注目して興味をもつようになり、そのうちに欲しくなる。

さらに深い情報を得ていくうちに購入のメリットを確信し、

それによってようやく行動(購入)に至る、という考え方。

 

 

 

ちなみにAIDMAの4段階目であるMはmemoryの頭文字。