ブルーオーシャンとレッドオーシャン

ブルー・オーシャン(Blue Ocean)

 

blue ocean

 

 

直訳は赤い海の色とは対照的な色合いの「青い海」。

 

経済用語としてのしブルーオーシャンとは、

「競争相手が存在しない(まったく/ほとんど)、未開拓の市場」

という意味。

 

 

 

 

レッド・オーシャン(Red Ocean)

 

 

red-ocean

 

 

こちらは、ブルーオーシャン(未開拓市場)とは対照的な

競争相手が多く・常に激しい競争が行われているような、

既にたくさんの参入者が存在する大きな市場/分野の事。

 

 

競争が激しいため、新規参入者が感嘆には成功できないのが特徴。

 

 

赤という色は「競争(戦争)には血がつきもの」という事に由来すると言われる。

 

 

 

 

 

【レッドオーシャンとして知られる主な市場】

  • ウィメンズ・ファッション市場
  • 外食分野の人気ジャンル
  • スマホゲーム
  • 電子書籍・・・・・・・・一気にレッドオーシャン化した。同じものを沢山の店が販売している
  • 映像配信
  • ドラッグストア
  • コンビニ
  • ブランド品買取(オンライン)

 

その他、色々。