アンテナ・ショップ

 

 

antenna-shop

 

 

「アンテナ・ショップ」とは、

地方の企業や団体が集客力が高い大都市の一角に出展(出店)する

商品等の認知度アップを目的とした店の事。

別称は「パイロット・ショップ」。

 

 

 

アンテナショップの実例1

 

 

首都・東京など、一部の大都市圏からは離れた位置にする地方自治体(都道府県・市町村)が、

 

  • 地元名産品(名物料理)をPR
  • 観光地としての良さをPR
  • 移住地としての良さをPR

 

などの目的のためにアンテナショップを開設する例が多い。

 

2000年代に入って地方自治体が大都市の一等地にアンテナショップを出すケースが一気に増えた。

 

東京都内では新幹線の発着駅である東京駅付近に数多く出店している。

 

広い面積の中に飲食店が設けられている例もあり。

 

 

 

 

 

 

アンテナショップの実例2

 

 

2010年代に入って日本まで旅行に来る外国人旅行客が激増する中、

大都市の一角に、外国人客への商品・サービスをPRするため、

大手企業がアンテナショップを開設し、

 

  • 認知度アップ
  • 外国からも注文できる通販サイトからの商品注文

 

を目指すような例も出てきている。

 

 

 

例えば、継続的な購入が必要になる商品を、訪日中国人客にうまくPR出来たとしたら

帰国してから中国から継続的な国際通販の注文をしてくれる客を大量に獲得できる可能性あり。