全店売上(売り上げ)と既存店売上(売り上げ)

 

 

上場している飲食店・衣料品店などの企業の

決算資料などでおなじみの商業用語。

 

 

  • 全店売上=新規店舗の売り上げを含む全店舗の売り上げの事
  • 既存店売上=出店から一定の期間以上経過した店舗だけを対象とする売上の事

 

 

売上が不安定であったりする新規店舗の情報を含む全店売上と比べ、

既存店売上の数値のほうがより正確な、その企業の成長度などがわかる。

 

そのため、各社HPでは全店舗売上と併せて、既存店売り上げも公開している傾向。

 

 

 

 

 

[既存店の概念]

例えばhottomottoでおなじみのプレナス社のQ&Aでは、

月次速報の売上高について

「対象月が前期・当期共にフル営業していて、前期と当期(1年前と1年後)を公平に比較できる店舗」

の事を既存店というと定義されています。

一方、プレナス社HPでは、前期or当期のいずれかにおいて丸一カ月営業できなかった

店に関しては、1年前から存在していたとしても「既存店」から外しているそうです。