スクラップ&ビルド

 

scrap&build

 

 

スクラップ&ビルドは、

保守的ではなく、過去の常識や成功例にはとらわれない経営体質の会社が

用いる傾向の経営上の戦略。

 

 

具体的な意味としては、

  • 時代の流れの中で立地的/コンセプト的に儲からなくなってきた店(館)
  • 老朽化してきた店(館)

などはためらうことなく(いさぎよく)閉店し、

採算性の合う業態・最新設備が揃う大型店に転換したり、

近隣のより良い立地に新店舗を建設したりする事。

(その他、色々なビルド例があり)

 

*その他のビルド例は他の資料でご確認ください。

 

 

 

小売業の中では、ファッションビルのマルイは

「スクラップ&ビルド」戦略を推進している会社の代表例。

1966年から早くもこの戦略を導入して、不採算店などを容赦なく閉店・リニューアルさせてきた。

閉店した店の中には、modiという別業態に生まれ変わった店舗もあり。

 

その他、コンビニ業界も常にスクラップ&ビルドを行っている。

 

 

 

 


例:丸井新宿店

 

 

1962年にオープン。

(新宿駅東口。アルタと伊勢丹の中間あたり)

 

 

マルイヤング新宿に改名

(1980年代にはDCブランドブームを支える)

 

 

ファストファッションブームが吹き荒れる中、

2009年に「マルイ・カレン」という若い女性をメインターゲットにした

ファストファッション系の館に転換

 

 

ファストファッションブームが一段落した中、

2012年3月にマルイカレン閉店

 

 

その後、マルイグループの賃貸ビルとなり、

跡地のビルは他の会社のブランドの店などが入店

 

 

2016年9月にはビル自体を売却する事を決定。

マルイHPニュースリリースによると、

芙蓉総合リース株式会社への新宿東口ビル)の譲渡額は約130.1億円になった。