AIDMAの法則

 

 

AIDMAの法則とは、人の消費プロセスに関する仮設・概念。

マーケティング用語。

AIDMA=「アイドマ」と読む。

 

AIDMAは5つのプロセスの頭文字。

 

 

5つのプロセスは

  • Attention
  • Interest
  • Desire
  • Memory
  • Action

から成る。

 

 

具体的には、人とは

TVCM・雑誌広告などを通じて、特定のサービス・商品に注目し・関心を寄せ、

だんだんその商品が欲しくなったり、利用したくなったりする。

そして、その思いが強くなってくることによってようやく行動に移り、消費に至るというような仮説。